「ロコモ」とは、運動器症候群 2013年12月11日

**
※-ロコモ」とは、運動器症候群 2013年12月11日

12月11日、一般的には、運動機能が低下し、自立した生活が送れなくなる危険性が高いことをロコモと、呼ぶとか?

運動器症候群は、中高年特有の症状と見られがちですが、子供にも少なくないことが分かってきました。

ロコモ・ティブ・シンドローム=運動器症候群」は、運動機能が低下し、自立した生活が送れなくなる危険性が高い状態の事を言うやしい。

これまでは、中高年特有の症状とみられてきました。

しかし、埼玉県の医師グループが就学前の子供を調査した結果、運動機能が低く、基本的な動作が出来ない子どもが少なくないことが分かりました。

こうした子どもは、転びやすかったり、大怪我をし易いということで、埼玉県医師会は、園児を対象にした検診をしました。

検診では、「しゃがんで、からの立ち上り」、「片足立ちが出来るか」など基本動作18項目を調べました。

その上で、保護者に食事や運動などの改善策を指導しました。

医師グループは、検診の結果などを日本整形外科学会で公表するなどして、対策を呼びかけていきたいとしています

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

「ロコモ」とは、運動器症候群 2013年12月11日 への1件のフィードバック

  1. 「ロコモ」とは、運動器症候群 2013年12月11日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中