中国:大気汚染深刻化でパイロットに着陸技術向上を要請 2013年12月12日

**
※- 中国:大気汚染深刻化でパイロットに着陸技術向上を要請 2013年12月12日

12月12日、Reuters ー : 中国当局は、「北京空港」に着陸する航空機のパイロットに対し、視界が悪い時でも「計器着陸装置」を使用して着陸できるよう、技術向上を求める方針を示した。

スモッグなどの影響による慢性的な航空機の遅延を解消するため。

国営英字紙チャイナ・デーリーが12日報じたところによると、この規定は、2014年01月01日から導入される予定。

国内10カ所の空港から北京へと向かう航空機が対象 ・・・ とか。

視界が約400メートルに悪化した場合でも計器着陸装置を利用して着陸できるよう、パイロットはその資格を取る必要がある。

中国は空港の開発などに多額の資金を投じているが、変化しやすい天気や大気汚染によるスモッグのため、航空機の遅延が常態化している。

報道によれば、中国民航大学のOuyangJie教授は「中国の東部や南部でスモッグによって空の便に影響が出ていることを考えれば、当局がパイロットに視界不良の中での着陸技術向上を要請するのは必要なことのように見える」と語った ・・・ とか?

*-*

広告
カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝 パーマリンク

中国:大気汚染深刻化でパイロットに着陸技術向上を要請 2013年12月12日 への1件のフィードバック

  1. 中国:大気汚染深刻化でパイロットに着陸技術向上を要請 2013年12月12日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中