中国:月探査車両を分離 2013年12月15日

**
※- 中国:月探査車両を分離 2013年12月14日

12月15日、昨日(14日)の夜に、月面への着陸に成功した中国の無人の月探査機は、15日朝、搭載していた探査車両を分離して月面に降ろし、本格的な調査を始めた。

今月2日に四川省の衛星発射センターから打ち上げられた無人の月探査機「嫦娥3号」は14日夜、月面に着陸した。

中国・国営メディアは、これに続いて、「嫦娥3号」は、日本時間の15日午前5時35分、搭載している月に住むうさぎを意味する「玉兎」と名付けた探査車両を分離した。

国営テレビは、月探査機から探査車両がゆっくりと降ろされる様子や月面に車輪の跡を残して走行する様子など、現地から送られてきたとされる映像とともに伝えた。

6つの車輪で走行するこの探査車両は、およそ3か月かけて月面の形状や地質構造の調査を行う予定。

将来的な月の資源獲得を視野に、探査計画を加速させるものとみられます。

中国は月の探査計画以外にも、2020年ごろに独自の宇宙ステーション建設を目指すなど、アメリカ、ロシアに続く宇宙大国への道を歩んでいる

*-*

カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝 パーマリンク

中国:月探査車両を分離 2013年12月15日 への1件のフィードバック

  1. 中国:嫦娥3号・月探査車両を分離 2013年12月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中