インフルエンザ:H1N1型は妊婦は要注意 2014年01月28日

**
※- インフルエンザ:H1N1型は妊婦は要注意 2014年01月28日

1月28日、新型インフルエンザとして5年前に大流行した、「H1N1型」のウイルスの感染者が増えています。

このインフルエンザ・ウイルスは、妊婦が感染した場合に重症化しやすいとされている。

海外では5年前の大流行の際、肺炎などで入院する割合が一般の人の数倍高かったとする報告もあります。

また、感染により引き起こされる炎症反応によって早産の割合も高まるとされています。

日本産婦人科医会などが行った調査では、大流行の際、ウイルスに感染して入院した妊婦=181人の内、妊娠37週未満での早産は14.6%に上り、前の年の2.5倍になった。

この為、日本産科婦人科学会では、インフルエンザ・ワクチンの母体や胎児への影響は妊娠期間を通じ極めて低いとして、ホームページなどで接種を呼びかけています。

また、抗ウイルス薬についても、これまでの国内外の調査で胎児への影響は確認されていないとして、発熱などの症状が出た場合は医療機関に相談したうえで48時間以内にタミフルなどの抗ウイルス薬を使用するよう呼びかけています。

妊婦は、人混みを避け、手洗いを徹底して予防に努めるだけでなく、症状があれば医療機関に相談して、早めに対応することを勧めています

**

一説には、インフルエンザ・ワクチンには効果が無いと言った研究結果もある。

実際にワクチンを接種した人と、ワクチン接種を受けなかった人がインフルエンザにかかった割合を調査、分析した研究結果など Youtube でも観られます。

マスクと手洗いは、可なり有効のようです。

栄養のバランスと睡眠でインフルエンザ・ウイルスに打ち勝つ身体を維持する事がだいじなのでは?

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

インフルエンザ:H1N1型は妊婦は要注意 2014年01月28日 への1件のフィードバック

  1. インフルエンザ:H1N1型は妊婦は要注意 2014年01月28日
    妊婦は、要注意!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中