PED=豚の伝染病が国内で拡大 2014年01月28日

**
※- PED豚の伝染病が国内で拡大 2014年01月28日

1月28日、NHK website ー: 豚の間で広がる伝染病、PED豚流行性下痢が、去年、7年ぶりに国内での発生が確認された。

27日までに、鹿児島県など4つの県で合わせて5000頭以上が死ぬなど、被害が広がっています。

農林水産省によりますと、PED=豚流行性下痢は、国内では7年ぶりに去年10月、沖縄県で発生が確認されました。

1月27日までに、「鹿児島県」と「宮崎県」、それに「茨城県」の4県で合わせておよそ=3万2000頭が感染し、この内の5000頭以上が死んだ。

この伝染病は、豚に下痢や食欲不振などの症状が出るウイルス性の伝染病で、人には感染しませんが、生後10日以内の豚が感染すると死ぬことが多いという。

また、法律で都道府県への届け出が義務づけられている伝染病ですが、「口てい疫」のような処分を伴う法定伝染病には指定されていません。

国内では、平成8年に大きな被害が出て、およそ=8万頭が感染し、この内の、ほぼ半数が死んだ

被害が拡大すれば、養豚農家の経営に深刻な影響が出るうえ、豚肉の価格上昇などにつながりかねない。

農林水産省では、豚舎ごとに長靴などを使い分けたり移動の際に必ず消毒をするなど、都道府県を通じて予防対策の徹底を呼びかけています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

PED=豚の伝染病が国内で拡大 2014年01月28日 への1件のフィードバック

  1. PED=豚の伝染病が国内で拡大 2014年01月28日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中