PM2.5:日本各地で濃度が上昇 2014年02月26日

**
※- PM2.5日本各地で濃度が上昇 2014年02月26日

20140226-PM2.5
2月26日、日本国内で、大気中の汚染物質=PM2.5の濃度が上昇しています。

平均濃度が国の指針を超えるおそれがあるとして、注意を喚起する情報が出された。

≪ 注意喚起を行った府県 ≫

福島県、新潟県、富山県、石川県、福井県、三重県、大阪府、兵庫県、香川県、山口県で、合わせて10府県。

この内、新潟県内の10の観測地点の3か所で、26日、午前5時から午後7時までのPM2.5の1時間の平均濃度が、1立方メートル当たり=88.3 ~ 101.7マイクログラムを観測した。

この他、福島県、富山県、香川県の観測地点でも、それぞれ=85マイクログラム以上に達した。

また、大阪市で=90.4マイクログラム、兵庫県と石川県、福井県、三重県の観測地点でも、それぞれ=71.1 ~ 85.5マイクログラムを計測した。

「PM 2.5」の国の指針では、1立方メートル当たり=70マイクログラムとなっている。

福島県、新潟県、富山県、石川県、福井県、三重県、大阪府、香川県の全域、兵庫県の播磨東部に、初めてとなる注意を喚起する情報を発表し、外出などを控えるよう呼びかけました。

新潟県では、新潟市江南区で、午前9時に観測史上最も高い=123マイクログラムを観測した。

また、午後5時までの平均濃度が=96.8マイクログラムに達した。

各府県では、外出をなるべく控え、部屋の換気を必要最小限にすることや、呼吸器系に疾患がある人や高齢者は体調に応じて慎重に行動するよう呼びかけています。

≪ なぜ、濃度が高くなったのか? ≫

東北から西日本の各地でPM2.5の濃度が比較的高くなったことについて、国立環境研究所の菅田誠治主任研究員は、

「数日前から日本の広い範囲の上空を高気圧が覆っていたため、風が弱い状態が続き、大陸から日本の上空に入り込んでいたPM2.5が国外に流れ出さずに、その場で滞留したとみられる。

これに加えて、すでに入り込んでいた原因物質が新たにPM2.5に変化するなどして、一時的に濃度が高くなったのではないか」と分析しています。

また、今後の見通しについては、「風の流れ次第では黄砂と一緒にPM2.5が飛散してくる可能性があり、観測データを注意して見ていく必要がある」と指摘した。

環境省は、PM2.5の濃度が、これから5月頃にかけて上昇すると予想している。

自治体が出す情報に注意するとともに、濃度が高い日には必要のない外出や屋外での激しい運動を控えるよう呼びかけている

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

PM2.5:日本各地で濃度が上昇 2014年02月26日 への1件のフィードバック

  1. PM2.5:日本各地で濃度が上昇 2014年02月26日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中