東京への空襲・犠牲者の40%近く未成年 2014年02月26日

**
※- 東京への空襲・犠牲者の40%近く未成年 2014年02月26日
東京への空襲犠牲者分析
2月26日、NHK website -: 東京大空襲をはじめとする太平洋戦争中の東京への空襲について、都内の研究者のグループが新たに見つかった名簿をもとに3万人の犠牲者を分析した.

その結果、20歳未満の子どもたちが犠牲者の=40%近くに上っていたことが初めて分かりました。

研究者は国が疎開を推奨していたものの実際には多くの子どもが東京に残るなどして、犠牲になったことを示していると分析しています。

**
太平洋戦争中の東京への本格的な空襲は、昭和19年11月から翌年の8月まで繰り返され、昭和20年3月10日の東京大空襲では、およそ10万人が犠牲になっています。

犠牲者のうち、およそ3万人について、名前や年齢、住所などを記した東京都の名簿が13年前に見つかり、「東京大空襲・戦災資料センター」などの研究者が分析を進めてきました。

犠牲者の内
0歳 から 9歳までが最も多い=
20%
10歳 から 19歳が=18%

20歳未満の子どもたちが38%を占めました。

これは、国が当時、疎開を推奨していたものの家庭や経済的な事情で行けなかったり、中学生以上が勤労動員に駆り出されたりして、実際には多くの子どもたちが東京に残り、犠牲になったとみられています。

分析を行った東京大空襲・戦災資料センターの山本唯人主任研究員は、

「多くの子どもが東京にとどまらざるをえず、空襲という過酷な状況の中で力尽きるケースもたくさんあったと思う。

今回、大量のデータで全体の被害の状況が明らかになり、今後、平和を考えるうえで、貴重な資料になる」と話しています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

東京への空襲・犠牲者の40%近く未成年 2014年02月26日 への1件のフィードバック

  1. 東京への空襲・犠牲者の40%近く未成年 2014年02月28日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中