『 iPS細胞』から「心筋ポンプ」・東京女子医科大学 2014年03月06日

**
※- 『 iPS細胞』から「心筋ポンプ」・東京女子医科大学 2014年03月06日

3月06日、website -:東京女子医科大学の研究グループは、体のさまざまな組織になる、ヒトの 『 iPS細胞 』 から、心臓のようにポンプの働きをする筒状の組織を作り出すことに成功した。

「東京女子医科大学・先端生命医科学研究所」の清水達也教授らの研究グループです。

研究グループは、ヒトの 『 iPS細胞』から作り出したシート状の心臓の筋肉の細胞を、長さ2センチ直径3ミリほどの筒状に丸めて培養しました。

すると、3日間ほどで筒状の組織が、心臓と同じように一定のリズムで収縮を繰り返すようになり、圧力を生み出して、ポンプのような働きをすることが確認されたという事です。

ヒトの 『 iPS細胞』から心臓ような働きをする組織が出来たのは初めてだということです。

研究を行った清水教授は、「まだまだ年数はかかるが、病気で弱った心臓を補助するポンプとして、血管に移植するなどの治療法が開発できないか研究を進めたい」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

『 iPS細胞』から「心筋ポンプ」・東京女子医科大学 2014年03月06日 への1件のフィードバック

  1. 『 iPS細胞』から「心筋ポンプ」・東京女子医科大学 2014年03月06日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中