「恐竜絶滅」隕石衝突後の酸性雨が原因か? 2014年03月10日

**
※-恐竜絶滅隕石衝突後の酸性雨が原因か? 2014年03月10日

3月10日、NHK website ー: およそ、6500万年前、恐竜は巨大隕石(いんせき)の衝突によって絶滅したとされています。

その絶滅に至った直接的な原因は隕石がきっかけで降り出した『強い酸性雨』である可能性が高いという研究結果を千葉工業大学などがまとめた。

**
恐竜は、およそ6550万年前にメキシコ・ユカタン半島に衝突した巨大隕石が原因で絶滅したとされていますが、隕石が地球にどのような変化をもたらしたかについてはよく分かっていませんでした。

千葉工業大学などで作る研究グループが、高性能のレーザーを使って隕石の衝突直後の様子を再現したところ、三酸化硫黄と呼ばれる物質が大量に放出されていたことが分かりました。

この三酸化硫黄は強い酸性雨を引き起こす物質で、衝突後、数日のうちには地球全体に降りそそぎ、それが恐竜の絶滅につながった可能性が高いと研究グループはみています。

千葉工業大学の大野宗祐上席研究員は「隕石の衝突による酸性雨と恐竜などの大量絶滅のメカニズムを知ることは、現在の生態系がどのように作られたかを理解するうえでも重要だ」と話しています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

「恐竜絶滅」隕石衝突後の酸性雨が原因か? 2014年03月10日 への1件のフィードバック

  1. 「恐竜絶滅」隕石衝突後の酸性雨が原因か? 2014年03月10日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中