南米・チリでM8.2の巨大地震&日本への影響は? 2014年04月02日

**
※- 南米・チリM8.2の巨大地震&日本への影響は? 2014年04月02日

20140402_チリ

4月02日、NHK website ー:南米チリの沖合で、日本時間の午前9時前、マグニチュード8.2の巨大地震がありました。

太平洋津波警報センターによりますと、チリの沿岸では、これまでに2メートル余りの津波を観測したということで、チリとペルーに対して津波への警戒を呼びかけています。

また地元の国営テレビによりますと、今回の地震でチリ国内で2人が死亡、3人が大けがをしたということです。

**
アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の2日午前8時46分ころ、現地時間の1日午後6時46分ころ、南米チリのイキケの沖合、およそ100キロを震源とするマグニチュード8.2の地震がありました。

震源の深さは20キロとみられています。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、震源に最も近いチリ沿岸のイキケでは、地震の発生から19分後に2メートル11センチの津波を観測した。

チリのピサグアでは発生から1時間9分後に2メートル1センチ、パタッシュで発生から29分後に1メートル51センチの津波を観測しました。

**
気象庁「日本への影響・調査中

今回の地震について気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は、記者会見で「日本への津波の影響は調査中で、まだ判断していない」と述べました。

そのうえで「もし津波が日本に到達するとすれば、北海道や三陸沿岸など、早いところで、3日:朝6時ごろとみられる

太平洋の島での観測値など各国の津波のデータの分析を進め、2日夕方には見通しを伝えられるよう判断していきたい。

今後の情報に注意してほしい」と呼びかけました。

また、地震や津波が起きたメカニズムについて、

「地震が起きた付近は大陸に向かってプレートが潜り込んでいて地震が活発なところだ。震源が深さ10キロと浅く、津波が発生した」と説明しました

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

南米・チリでM8.2の巨大地震&日本への影響は? 2014年04月02日 への1件のフィードバック

  1. 南米・チリで『 M 8.2 』の巨大地震 & 日本への影響は? 2014年04月02日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中