『八十八夜』宇治で観光客が茶摘み:京都府 2014年05月02日

**
※- 『八十八夜』宇治で観光客が茶摘み:京都府 2014年05月02日

20140502-八十八夜

5月02日、「八十八夜」とは、立春から88日目にあたり、一番茶の茶摘みの目安とも言われていて、お茶の産地では新芽の摘み取りが始まる季節とされています。

**
新茶の摘みごろとされる「八十八夜」に合わせて、宇治茶の生産者などで作る団体は、観光客に茶摘の体験をして貰う催しが行われました。

宇治市にある茶業研究所の茶畑では、観光客や地元の人が集まり、みずみずしい新芽を丁寧に摘み取っていました。

この後、作業場に移り、蒸した茶葉を手でもんで柔らかくする「手もみ」を参加した人たちも、茶葉の香りを嗅ぎながら作業を楽しんでいました。

担当者によりますと、ことしの茶葉の出来栄えは平年並みで、すっきりとした質のよいお茶を味わえるということです

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

『八十八夜』宇治で観光客が茶摘み:京都府 2014年05月02日 への1件のフィードバック

  1. 『八十八夜』宇治で観光客が茶摘み:京都府 2014年05月02日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中