一般の人が宇宙へ・今年中にも 2014年05月05日

**
※- 一般の人が宇宙へ・今年中にも 2014年05月05日

20140505-

5月05日(子供の日)、NHK website ー:一般の人を対象にした「宇宙旅行」が、早ければ、今年中にも始まります。

国内では、旅行に向けた説明会も開かれ、「夢の宇宙」に向けた期待が高まっています。

一般の人を対象にした宇宙旅行は、アメリカの複数の企業が企画していて、このうち、ニューメキシコ州に本社のあるヴァージン・ギャラクティック社は、早ければ、今年中にも、初めての宇宙飛行を行うことにしています。

すでに宇宙船は完成し、テストフライトも繰り返し行われています。

乗客6人を乗せて、高度110キロまで上昇し、およそ4分間、宇宙空間を飛行して地上に戻る計画です。

旅行の代金は、25万ドル(日本円でおよそ2500万円)で、すでに、世界で650人が支払いを済ませ、この中には、18人の日本人も含まれています

日本では、この宇宙旅行を取り扱う専門の旅行会社が、ことし1月に設立されました。

この会社が先月20日に、東京都内で開いた説明会には、国内各地から50人余りが参加するなど、「夢の宇宙旅行」に向け、期待が高まっています。

説明会に参加した34歳の男性は「若いころ、世界を一周したので、次は宇宙と思い、説明を聞きに来ました。

体験してみないと分からないことが、宇宙旅行の魅力だと思います。料金が高いので、まずはお金をためたいと思います」と話していました。

宇宙専門の旅行会社「クラブツーリズム・スペースツアーズ」の浅川恵司社長は、

飛行機は今、年間30億人に利用されているが、110年前に人が空を飛び始めたころ、これだけ普及するとは考えられなかった。

それと同じように宇宙船で、一般の人が普通に宇宙観光に出かける時代が間違いなくやってくる。

ビジネスの準備をして、旅行の新分野を作りたい」と話しています。

アメリカのバージン・ギャラクティック社の代理店を務める日本の旅行会社によりますと、これまでに宇宙旅行の契約書にサインし、代金の支払いを済ませた人は、世界中に650人います。

このうち、最も早い時期に申し込んだ100人は、会社の創設に協力した「ファウンダー」として、特別な扱いを受けています。

このファウンダーには、日本人が2人いるとか

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

一般の人が宇宙へ・今年中にも 2014年05月05日 への1件のフィードバック

  1. 一般の人が宇宙へ・今年中にも 2014年05月05日 ヴァージン・ギャラクティック社は、早ければ、今年中にも、初めての宇宙飛行を行うことにしています

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中