「めまい」や「体のふらつき」・治療法を開発 2014年05月07日

**
※-めまい」や「体のふらつき」・治療法を開発 2014年05月07日

5月07日、NHK website ー:高齢者などに多い「めまい」「体のふらつき」には、これまで有効な治療法がありませんでした。

東京大学のグループが、耳の後ろの部分に微弱な電流を流すことで症状を改善させることに成功しました。

高齢者の転倒の予防などにつながると期待されています。

**
東京大学の岩崎真一准教授らのグループは、耳の奥にあって体のバランス感覚をつかさどる前庭と呼ばれる器官に注目した。

「めまい」や「ふらつき」などの症状がある高齢者やメニエール病などの患者11人に、耳の後ろにつけた電極を通じて本人には感じとれない程度の微弱な電流を流しました。

そして、「めまい」や「体のふらつき」でおきる体の重心の移動が、どの程度抑えられるか測定したところ、治療前に比べて45%も少なくなり、症状の改善が確認されたということです。

「めまい」や「ふらつき」は、病気や加齢などで前庭の働きが落ちると起きますが、今のところ根本的な治療法はありません。

研究を行った岩崎准教授は「高齢者の転倒予防などに役立つと期待している。さらに研究を進めれば耳の聞こえの改善などにも応用できるのでは」と話しています。

前庭に電流を流すことで「めまいの症状」が改善されることはこれまで知られていません。

グループでは今後、患者数をさらに増やして安全性や効果を調べ、実際の治療に生かせるようにしたいとしています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

「めまい」や「体のふらつき」・治療法を開発 2014年05月07日 への1件のフィードバック

  1. 「めまい」や「体のふらつき」・治療法を開発 2014年05月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中