タイ国:インラック首相(女性)失職 2014年05月09日

**
※- タイ国:インラック首相(女性)失職 2014年05月09日

0508_02_yingluck

5月09日、NHK website ー:反政府デモが続くタイで、現職の首相が政府高官の人事を巡る裁判に敗れ、5月07日に失職に追い込まれた。

政治的な混乱が続く背景と、今後の見通しについて

- アジア総局・松本祥子記者 -

**
≪ タイ初の女性首相・涙の記者会見 ≫

「私はこれまで、正直にみずからの職責を全うしてきました。告発にあるような、違法行為はありません」。

失職が決まったあとの記者会見で、インラック氏はみずからの潔白を訴え、目に涙を浮かべました。

タイ初の女性首相が2年9か月余りの首相生活に幕を閉じた。

≪ 巧妙な「玉突き人事」≫

裁判となったのは、国家安全保障会議の事務局長を更迭し、後任に国家警察本部の長官を据えた、一見ごく普通の人事です。

問題は、この人事で空席となった警察長官の後任に、インラック首相の兄・タクシン元首相の義理の兄が昇格したことです。

インラック氏に反発する上院議員たちは、最初から親族を警察長官に据えるのを目的にした巧妙な「玉突き人事」だったと訴えました。

タイの憲法では政府機関の人事に不当な介入をした首相や大臣は、失職するという規定があります。

憲法裁判所はこの人事が不当だったとする判決を出したうえで「首相の地位は終わった」と述べ、首相と閣僚9人の失職を告げたのです。

≪ 退潮気味だった反政府デモ ≫

タイの反政府デモは、去年(2013年)11月から、激しさを増し、インラック首相が事態収拾のために打って出た、今年2月の議会議員選挙は、投票の妨害で無効となった。

しかし、反政府デモ側が、混乱の収拾に乗り出すことを期待していた軍や王室は、インラック政権の打倒には動きませんでした。

そして、一時は数万人規模でバンコク中心部の交差点を占拠し封鎖していたデモ隊も、活動が長期化するなか最近では大幅に参加者が少なくなっていました。

≪ 司法による攻勢 ≫

その一方で、デモ隊側が当てにしたのが司法の力で政権を退陣に追い込むというシナリオです。

まず、国の汚職防止委員会が、インラック政権が支持基盤とする農家の所得向上を目指して導入したコメの買い取り制度について、多額の損失や汚職を生んでいるとして調査に乗り出しました。

さらに憲法裁判所が、政権に厳しい判決を連発しました。

「反政府デモ隊に妨害された2月の議会選挙を、最終的に無効と決定」

「高速鉄道計画などインラック政権が推進した日本円にして6兆円余りに上る大型公共事業の関連法案も違法としました」

「そして先月、今回判決が出た政府高官の人事を巡る訴えを受理したのです」。

≪ 強力な憲法裁判所 ≫

そもそも憲法裁判所に、なぜ首相を失職させるほどの力があるのでしょうか?

背景には、インラック氏の兄のタクシン元首相の存在があります。

タクシン氏は、強力なリーダーシップでタイに経済成長をもたらした一方で、親族の土地の購入に便宜を図るなどの不正や、権力の集中が批判され、クーデターによって政権を追われました。

タイの現在の憲法は、このクーデター後に作られたもので、タクシン氏のような強い政治家の再来を阻むための仕組みとして、憲法裁判所の権限強化が盛り込まれたのです。

9人の判事は、いずれも法律家や学識経験者などのエリート層で、農村部や庶民を支持基盤とするタクシン派とは、政治的にも経済的にも対立する階層です。

≪ 出直し図る政権側 ≫

首相と9人の閣僚が失職するという大打撃に、政権側はこのあとどう出るのでしょうか?

今回、憲法裁判所はインラック政権を完全に崩壊させることはせず、残りの閣僚が選挙管理内閣として、当面、職務を続けることを許すという判断を示しました。

政権側はインラック氏の失職が避けられないと見越していたとみられ、判決からほどなく二ワットタムロン副首相を首相の代行とすると発表しました。

二ワットタムロン氏は、タクシン一族の関連企業の役員を務めた「タクシン元首相の右腕」とされ、妹のインラック氏を支えてきた側近中の側近です。

支持者の数で上回る政権側としては、ことし7月にやり直される見通しの議会選挙で再び勝利し、出直しを図りたい考えです。

≪ 衝突への懸念 ≫

ただ、判決に対する不満を押さえきれないインラック氏の支持者がいるのも事実です。

判決との関係は明確ではありませんが、バンコクにある憲法裁判所の判事の自宅では、8日未明、爆発物が投げ込まれました。

政権側は10日、バンコクで大規模な抗議行動を行うことにしていて、幹部の1人は支持基盤とするタイ東北部や北部から10万人を動員して、勢力をアピールするとしています。

一方、反政府デモ隊側も、インラック氏の失職だけでは不十分だとして抗議行動を続ける構えで、今後、双方の支持者どうしの衝突などによって、不測の事態が起きることも懸念されます。

≪ 邦人社会の不安と経済への影響 ≫

タイには、バンコクを中心に5万人余りの日本人が暮らし、在留届を出してない人を含めるとおよそ10万人になるとも言われています。

今回の判決にバンコクに住む日本人の女性は「反政府デモが最近は落ち着いてきたと思っていたので、また混乱が広がるのではないかと心配です」と話していました。

去年から反政府デモの影響で、タイではすでに株価の下落が進み、外国人観光客も大幅に減少しています。

このまま政治的な混乱が続けば、タイに進出している日本企業の活動にも、大きく影響するおそれがあります。

≪ 焦点は7月の議会選挙 ≫

混乱から抜け出せるかどうかは、7月の議会選挙が予定どおり行われ、新たな議会と政権が誕生できるかどうかにかかっています。

しかし、専門家は無効となった2月の議会選挙と同じように、デモ隊が再び投票を妨害する可能性を指摘しており、その場合、混乱がさらに長期化することは避けられません。

東南アジアの民主化の優等生と言われてきたタイ。

このまま選挙による政権交代が出来ないような、異常な事態が続けば、国家としての信頼が損なわれることになりかねず、経済成長が続く東南アジアのほかの国々へも悪影響を及ぼすことが懸念されます

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

タイ国:インラック首相(女性)失職 2014年05月09日 への1件のフィードバック

  1. タイ国:インラック首相(女性)・失職 2014年05月09日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中