エイズ発症報告、過去最多=484人・厚労省 2014年05月23日

**
※- エイズ発症報告過去最多=484人・厚労省 2014年05月23日

5月23日、website ー:厚生労働省・『エイズ動向委員会』は、エイズウイルス(HIV)に感染し、検査を受けないままエイズを発症した患者が昨年1年間に484人報告されたと発表した。

調査を始めた1985年以降、過去最多

岩本愛吉委員長は「治療すれば発症を防げる」として検査を受けるよう呼び掛けた。

感染原因の56%は同性間の性的接触。

異性間の性的接触も24%あった。

年齢は30代以上が多く、特に50代が増えた

**

ネットでは、『エイズ・ウイルス感染者』その物に疑問を呈している団体があります。

そもそも、エイズ患者と呼ばれていはいるが、病状の根拠は二次的要因 ( ワクチン、治療薬などによる ) が大きいのではないかとデータから説明している。 Youtube もあります。

要するに、医者を含め、製薬会社の思惑で誘導的擬似患者を大量に作り出している・・・と言うものです。

男性の同性愛者に何故、HIV感染者が多いかと言うと、たんぱく質(精子)の抗体が出来て、それがHIV検査で陽性になるという解説です。

エイズウィルスの嘘(インフルワクチン接種後HIVテスト陽性に?)

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

エイズ発症報告、過去最多=484人・厚労省 2014年05月23日 への1件のフィードバック

  1. エイズ発症報告、過去最多=484人・厚労省 2014年05月23日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中