無形文化遺産「壬生の花田植」・広島県 2014年06月01日

**
※- 無形文化遺産「壬生の花田植」・広島県 2014年06月01日

20140601_壬生の花田植 20140601_壬生の花田植

6月01日、NHK website ー: ユネスコの無形文化遺産に登録されている広島県北広島町の伝統行事で、豊作を願って田植えをする「壬生(みぶ)の花田植」が行われ、およそ1万1000人見物に訪れました

**
「壬生の花田植」は、北広島町壬生地区などに400年以上前から伝わるとされる、田の神様に豊作を願う伝統行事で、平成23年11月にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

今年も広さ7アールほどの田んぼで花田植が行われ、はじめに金色のくらなどできらびやかに飾りつけられた14頭の牛が、牛追いと共に田んぼの中をゆっくりと歩いて土をならす作業を行いました。

そして早乙女の姿をした地元の女性たちが、太鼓や笛の音に合わせて田植歌を歌いながら横一列になって苗を植えていきました。

会場には、初夏の伝統行事を一目見ようと、およそ= 1万1000人が訪れ、ふだん静かな山村は華やいだ雰囲気に包まれていました。

東広島市から来た70代の男性は「初めて見ました。今では見ることができなくなった風景なのでずっと残していってほしいです」と話していました。

地元の保存会の藤本隆幸理事長は「私たちが責任をもって次の世代にまで残していきたいと思います」と話していました

*-*

広告
カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

無形文化遺産「壬生の花田植」・広島県 2014年06月01日 への1件のフィードバック

  1. 無形文化遺産「壬生の花田植」・広島県 2014年06月01日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中