北海道では記録的な猛暑、四国・梅雨入り 2014年06月03日

**
※- 北海道では記録的な猛暑四国梅雨入り 2014年06月03日

20140603-北海道

6月03日、NHK website ー:厳しい暑さが続いている北海道では、気温が統計を取り始めてから最も高い38度近くに達するなど記録的な猛暑となりました。

一方、九州南部や四国では前線の影響で局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は低い土地の浸水や落雷、突風に十分注意するよう呼びかけています。

**
気象庁、北日本や東日本では晴れて気温が上がり、北海道のオホーツク海側や内陸を中心に各地で猛烈な暑さとなりました。

日中の最高気温は、北海道の音更(おとふけ)町駒場37度8分と90年前に帯広市で観測された記録に並び、統計を取り始めてから北海道では最も高くなりました。

その他では、

北見市と美幌町で37度2分

富良野市で35度4分
秋田県大館市で35度1分
帯広市で34度8分
石川県羽咋市で34度4分

平年を10度から20度ほど上回った

北海道の内陸を中心に、4日も気温が30度以上の厳しい暑さが続く見込みで、気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

一方、九州付近にある前線の影響で西日本は雨が降り、気象庁は3日午前、「四国が梅雨入りしたとみられると発表しました。

前線はゆっくりと東へ進み、西日本の太平洋側では大気の状態が不安定になっていて、この時間、九州南部や奄美に活発な雨雲が流れ込んでいます。

九州南部では、これから4日朝にかけて、四国では4日朝から5日木曜日にかけて局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

4日夕方までに降る雨の量は、いずれも多いところで、四国200ミリ九州南部180ミリと予想されています。

4日夜以降は、四国に加えて近畿や東海でも激しい雨が降り、まとまった雨になるおそれがあります。

気象庁は、低い土地の浸水や土砂災害、それに落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

北海道では記録的な猛暑、四国・梅雨入り 2014年06月03日 への1件のフィードバック

  1. 6月03日、北海道では記録的な猛暑、四国・梅雨入り 2014年06月03日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中