未熟すぎる安部政権・憲法解釈の閣議決定断念求める 2014年06月30日

**
※- 未熟すぎる安部政権憲法解釈の閣議決定断念求める 2014年06月30日

憲法解釈の変更による、集団的自衛権の行使容認に反対する憲法学者らが会見し、「限定的な容認だから日本の平和主義は維持されるというのは、国民を誤解させる説明だ」として、閣議決定を断念するよう求める声明を発表した。

**
私見:当然です! 憲法の基本は民意であり、行政府が勝手な解釈で行使できるなんて、馬鹿げている。

安部さんは、余りにも幼稚すぎる!

思考停止と言うよりも、それ以前の問題で、総理の器にあらず!

三権分立から、最高裁判所として
、何らかの意見書を国民に示すべき。

憲法に関しての憲法裁判所が無い日本の実情に於いて

**
声明を発表したのは、憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節さんや内閣法制局長官を務めた大森政輔さんなど、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する専門家のグループです。

会見では、弁護士の伊藤真さんが「外国どうしの武力紛争に参加する集団的自衛権の行使は、その一部だとしても専守防衛を掲げてきた政府の憲法解釈の延長線上に位置づけられるものではなく、限定的な容認だから平和主義は維持されるというのは、国民を誤解させる説明だ」と訴え、閣議決定を断念するよう求める声明を発表しました。

また会見で、小林さんは「集団的自衛権の行使を容認するなら、憲法9条の改正を発議し、日本人も戦場で戦うのかどうかを国民に問う必要がある。

今、行われようとしているのは解釈に名を借りた憲法の破壊、無視であり、これを許せばあとで歴史の転換点だったと言われることになるだろう」と指摘した

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

未熟すぎる安部政権・憲法解釈の閣議決定断念求める 2014年06月30日 への1件のフィードバック

  1. 未熟すぎる安部政権・憲法解釈の閣議決定断念求める 2014年06月30日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中