4月-6月期のGDP:年率換算マイナス6.8% 2014年08月14日

**
※- 4月-6月期のGDP:年率換算マイナス 6.8% 2014年08月14日

2014年、今年の4月から6月までのGDP(国内総生産)は、前の3ヶ月間と比べ実質でマイナス1.7%、年率に換算してマイナス 6.8%

今回のGDPは、個人消費をはじめとする内需、かつて日本経済を引っ張って来た輸出ともマイナス

**
個人消費は都心と地方で二極化

個人消費は、消費増税の駆け込み需要の反動で5%のマイナスとなり、比較可能な平成6年の4月以降、最大の落ち込みとなった。

大都市圏とそれ以外の地域で消費回復のスピードが二極化している。

同じデパートでも地方では、大都市と比べて所得が増えている人が少ない為、季節品である衣料品の需要が改善していない事が主な要因にっている。

売り上げが比較的堅調なのは食料品売り場で、改装やテナントなどを呼び込むことで、売り上げ回復を図って行く計画 ・・・ とか

**
増えない輸出:日本経済の構造的変化

今回のGDPでは、輸出が前の3か月間と比べて0.4%減少し、3期ぶりのマイナス。

日銀も先週、開いた金融政策決定会合で、日本の輸出の現状について、これまで「横ばい圏内の動き」としていた判断を、「弱めの動きとなっている」と下向きに改めた。

円安のもとでも期待していたほどには増えない輸出、企業が生産拠点を海外に移す動きをはじめとする日本経済の構造的な変化が要因の1つだ

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済 パーマリンク

4月-6月期のGDP:年率換算マイナス6.8% 2014年08月14日 への1件のフィードバック

  1. 4月-6月期のGDP:年率換算マイナス 6.8% 2014年08月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中