デング熱・代々木公園で男女22人が感染 2014年09月02日

**
※- デング熱代々木公園で男女22人が感染 2014年09月02日

9月02日、東京の代々木公園や周辺を訪れた男女=22人デング熱に感染した

東京都は、来月まで週に1度、公園内にウイルスを持った蚊がいないか調査することになり、2日、園内に蚊を採集するための装置を設置した。

デング熱は蚊が媒介する感染症で、人から人へは感染しません。

これまでに、東京都や埼玉県など6つの都県に住む男女22人の感染が確認されています。

感染した全員が先月、東京・渋谷区の代々木公園やその周辺を訪れていました。

その際に、デング熱のウイルスを持った蚊に刺されて感染したと思われています。

東京都は、公園内での蚊の発生を抑えるため池の水を抜くなどの対策を進めるました。

9月02日から蚊が活発に活動する来月まで、週に1度ウイルスを持った蚊がいないか調査することを決めた。

東京都の職員3人が公園内の蚊を採集するため、二酸化炭素を発生させるドライアイスと蚊を網に吸い込むためのファンを合わせた装置を組み立てました。

これらの装置は、風通しの悪いところなど蚊が集まりやすい場所を選んで園内の10箇所に設置することにしています。

東京都は、3日午前中に装置を回収し、集めた蚊を都の研究施設に持ち込み、デング熱のウイルスを持っていないか検査することにしています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

デング熱・代々木公園で男女22人が感染 2014年09月02日 への1件のフィードバック

  1. デング熱・代々木公園で男女22人が感染 2014年09月02日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中