『エボラ出血熱』患者最大に懸念 2014年09月24日

**
※-エボラ出血熱患者最大に懸念 2014年09月24日

9月24日、NHK website ー: 西アフリカで患者が増え続けているエボラ出血熱.

アメリカのCDC( 疾病対策センター )は、感染拡大の勢いが衰えなければ、患者の数は来年1月には最大=140万人に達する可能性があるとの予測を発表した。

**
CDCは、西アフリカで過去最大の規模で患者が増え続けているエボラ出血熱について、今後の感染の広がりを予測した。

先月末から今月中旬までの間に、リベリアシエラレオネ の2か国で報告された患者の数やその増え方などのデータを基にシミュレーションした。

その結果、この2か国では、およそ20日ごとに患者の数が倍増し、WHO( 世界保健機関 )のまとめで、およそ4800人と報告されている。

2か国の患者数は、今月30日までに、およそ=8000人に増えると予測した。

さらに、現地で治療に当たった専門家などへの聞き取り調査から、報告されている患者数は氷山の一角で、およそ=2.5倍の患者がいると計算している。

今後も感染拡大の勢いが衰えなければ、患者の数は、来年1月には最大で140万人に達する可能性があるとしています。

CDCは、その一方で患者の7割を適切に隔離して処置できる医療態勢が整えば、同じ来年1月までに感染拡大に歯止めがかかるとの予測を合わせて発表しています。

CDCのフリーデン所長は、「患者を隔離できれば感染の広がりは急速に収まっていく」とのコメントを発表し、国際社会による支援の強化を重ねて訴えています。

**
WHO 「 11月 に 2万人超か? 」

一方、WHO( 世界保健機関 )などは、23日、エボラ出血熱の患者が11月の初めには2万人を超えるとの見方を示した。

先月の想定より早いペースで感染が広がっているとの認識を明らかにしました。

エボラ・イルスへの感染、または感染の疑いがある人はこれまでに5864人、このうち死者=2.811人に上っていて、このひと月でほぼ倍増しています。

患者数の予測について、WHOは、先月末の時点では「今後、半年の間に2万人を超えるおそれがある」としていました

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

『エボラ出血熱』患者最大に懸念 2014年09月24日 への1件のフィードバック

  1. 『エボラ出血熱』患者最大に懸念 2014年09月24日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中