ノーベル物理学賞・日本人三名受賞 2014年10月07日

**
※- ノーベル物理学賞・日本人三名受賞 2014年10月07日

20141007_nobel

10月07日、NHK website-:今年のノーベル物理学賞・受賞者に、青い光を放つLED=発光ダイオードの開発に成功し、フルカラーの大型画面の実現などさまざまな応用への道を開いた、名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました。

**
赤崎さんは鹿児島県出身の85歳。

京都大学を卒業後、当時の松下電器の研究所を経て、昭和56年に名古屋大学の教授になり、現在は、名古屋市にある名城大学の教授を務めています。

天野さんは静岡県出身の54歳。

名古屋大学を卒業したあと名城大学理工学部の教授を経て、平成22年から名古屋大学大学院の教授を務めています。

中村さんは愛媛県出身で60歳。

徳島大学大学院で半導体の研究を行ったあと、昭和54年に徳島県の化学メーカーに入社し、14年前からはカリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めています。

3人は、LEDの中でも製作が技術的に難しく、20世紀中の開発は無理とさえ言われた青色LEDの開発に取り組みました。

当時、結晶の素材としてほとんど見向きもされていなかった窒化ガリウムに注目し、赤崎さんと天野さんは昭和61年に、青い光を出すのに必要な高品質の「窒化ガリウム」の結晶化に世界で初めて成功しました。

さらに中村さんが平成5年、独自に開発した装置を使って、極めて明るい青色LEDの開発に世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。

3人の成果によって赤・緑・青の光の3原色のLEDがすべてそろい、組み合わせによってあらゆる色が出せるようになりました。

このため、フルカラーのディスプレイなど、さまざまな分野でLEDの実用化の可能性を広げました。

波長の短い青い色を出す技術は、DVDなどの記憶容量を大幅に増やすことができるブルーレイディスクの開発にもつながり、大量の情報をやり取りする現代社会において欠かせない技術となっています。

こうした業績で赤崎さんと中村さんは、平成10年に世界の電子工学の優れた研究者に贈られる「ジャック・A・モートン賞」を受賞したほか、赤崎さんは平成16年に文化功労者を、中村さんは平成14年にアメリカのノーベル賞と言われる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」を受賞しています。

また、天野さんは平成10年にイギリスの「ランク賞」を受賞しています。

日本人がノーベル賞を受賞するのは、アメリカ国籍を取得している南部陽一郎さんを含め、おととしの山中伸弥さんに続いて合わせて22人になります。

物理学賞は6年前の平成20年に受賞した南部さんと益川敏英さん、小林誠さんの3人以来で、合わせて10人

*-*

『 LEDがもたらした明かり 』

NHK 10月14日

「20世紀は白熱電球の時代だったが、21世紀はLEDによって照らされる時代になった」

ノーベル賞の選考委員会はことしの物理学賞に、日本の科学者3人(1人はアメリカ国籍)を選び、その研究成果であるLEDが脚光を浴びています。

このことばのとおり、今やLEDは照明器具を中心に家電や自動車などさまざまな分野で普及が進んでいます。

LEDが産業界に及ぼした影響 : 経済部の芳野創記者

≪ 冷静な? 売り場 ≫

3人の受賞発表から3日後、ふと思い立って東京都内の家電量販店を訪れました。

日本中が喜びに沸くなかで、LEDの販売現場はどうなっているのか確かめてみたかったからです。

照明器具売り場を担当する店員に「ノーベル賞の効果は出ていますか」と尋ねると、「ほとんど変わらないですね」との答えが。

店内を見渡しても 「 祝ノーベル賞 」 という張り紙があったのが変化といえば変化でした。

現場は意外に冷静に受け止めているようですが、その理由は?

「うちはずいぶん前からLEDを前に出していますから」

店員によると、天井に直接取り付けるシーリングライトも、天井からつるすペンダントライトも、売り場に展示しているのはすべてLED照明。

この量販店では、去年秋には蛍光灯ランプの展示をやめ、蛍光灯は交換用として残しているだけだそうです。

横浜市の家電量販店にも足を運びましたが、こちらもほとんど同じ。展示品のほとんどがLED照明でした。

照明器具の売り場の主役がすっかり変わっていたことに正直、驚くとともにノーベル賞選考委員会のコメントを実感しました。

≪ LED照明の普及度は ≫

それでは、LEDの普及はどこまで進んでいるのでしょうか。

民間の調査会社「富士経済」によりますと、国内では東日本大震災をきっかけにした省エネ意識の高まりもあって、LED照明の割合は、照明器具全体の約60%を占めるまでになっています。

調査会社はこの割合が2020年には76%まで高まると予測しています。

一方、世界全体でのLED照明の割合は、まだ22%に過ぎません。

同じ調査会社は、今後、アジアを中心に需要が拡大し、2020年には57%にまで増えると見込んでいます。

≪ LEDはさまざまな産業に ≫

LEDはデジタル家電の普及にも重要な役割を果たしました。

液晶テレビでは「ソニー」が2004年に世界に先駆けて画面のバックライトにLEDを採用。

他社も追随し、一段の薄型化や省電力化につながりました。

スマートフォンの画面のバックライトにもLEDが使われています。

また、波長の短い青い色を出すLEDの技術はデータの読み書きにも用いられ、従来のDVDよりも容量が5倍以上あるブルーレイディスクの開発にもつながりました。

LEDは家電製品だけでなく自動車の分野にも用途が広がっています。

自動車のヘッドランプに世界で初めてLEDを採用したのは2007年に発売されたトヨタ自動車の「レクサス」です。

大きな光量と高い輝度が必要で、さまざまな改良の結果、今では高級車を中心にLEDが標準装備されています。

最新型のLEDは、初期のものに比べて消費電力は約半分になっているということです。

今ではテールランプやウインカー、それに室内灯や車内の装飾にいたるまで、さまざまなところにLEDが使われていて、自動車の省エネに貢献しています。

民間の調査会社「富士キメラ総研」によりますと、車のヘッドランプにLEDが占める割合は、世界全体でことし20%を超える見通しで、3年後には67%まで拡大すると予測しています。

農業漁業の現場でもLEDの技術が活用されています。

植物を育てる環境を人工的に制御する「植物工場」ではLED照明の利用が進み、成長が期待される分野。製造業などが相次いで参入しています。

また、漁業の分野でも、サンマの集魚灯に使われています。

LEDは白熱球よりも光が水中深くまで届き、サンマを効率よく集められるということです。

独立行政法人「水産総合研究センター開発調査センター」は「白熱灯からLED照明に切り替えたサンマ漁船は、全体の半分に上るのではないか」と話しています。

≪ 産業化にかけた技術者たち ≫

最後にノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇さんと産業界との接点について興味深いエピソードがあるのでご紹介します。

話は1985年にさかのぼります。愛知県の自動車部品メーカー「豊田合成」は当時、主力のゴムや合成樹脂製品に匹敵する次の柱となる事業を模索していました。
 
窒化ガリウムの結晶がうまくできれば、青色発光ダイオードが実現できる」、名古屋大学にいた赤崎さんが講演で語ったのを、たまたま豊田合成の社員の1人が聴きました。

この社員が上司に「こんな面白い話がある」と伝え、技術開発を本格的に検討し始めました。

会社は赤崎さんに共同研究を申し入れましたが、「まだLEDが完成しておらず時期尚早」と言われたということです。

そこで、社長が文字どおり、「三顧の礼」で赤崎さんに直談判し、ようやく共同研究が始まったそうです。

当時、会社には半導体や結晶のことが分かる技術者は1人もいないというところからのスタートでした。

1989年に赤崎さんが青色LEDの開発に成功。

技術者たちが懸命に実用化を目指すなか、1993年、徳島県の日亜化学工業の中村修二さんが青色LEDの製品化に成功したというニュースが飛び込んで来ました。

研究チームは「悔しい思いをした。量産化の態勢は整っておらず力不足を痛感した」(豊田合成顧問太田光一さん)ということです。

その後、1995年、ついに青色発光ダイオードの製品化にこぎつけ、今では豊田合成のLEDチップは経営を支える事業の1つに成長しています。

LEDの技術部長や事業部長などを歴任した豊田合成顧問の太田光一さんは当時の状況について、「今では考えられませんが、全くの素人が 『 知らぬが仏 』 『 怖いもの知らず 』 で未知の世界に飛び込んだわけですよ。

これが成功したわけですが、正直言ってLED技術がここまで普及するとは思っていなかった。

多くの人が照明にLEDを使っている。夢のようです」と話しています。

赤崎さんら当時の名古屋大学の研究者と豊田合成との合同プロジェクトには、国の資金も入っています。

実は、豊田合成が赤崎さんに接触するより前、赤崎さんの技術にいち早く目を付けていた人がいました。

当時の新技術開発事業団(今の科学技術振興機構)で産学連携のプロジェクトを担当していた石田秋生さんです。

石田さんは、当時35歳。

まだ赤崎さんの研究が成功するかどうか未知数でしたが、赤崎さんと豊田合成の間を取り持ち、このプロジェクトに国の資金5億5000万円をつぎ込むことで事業団内部を説得しました。

プロジェクトは成功し、特許使用料などが国庫に入りました。

その額は56億円に上ったということです。

石田さんは「リスクはありましたが、成功するという自信もありました。未知の分野に飛び込むという姿勢は昔も今も企業に求められていると思います」と話していました。

LEDは、私たちの暮らしを大きく変え、関連する産業に大きな恩恵をもたらしました。

その中で、リスクをとってLEDの将来にかけた人がいたというエピソードがあったこともお伝えしておきたいと思います

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

ノーベル物理学賞・日本人三名受賞 2014年10月07日 への1件のフィードバック

  1. ノーベル物理学賞・日本人三名受賞 2014年10月07日
    名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中