気象庁の長期予報:東・西日本は暖冬傾向 2014年11月25日

**
※- 気象庁の長期予報東・西日本は暖冬傾向 2014年11月25日

11月26日、気象庁の長期予報:来月から来年2月までの気温は東日本と西日本で平年より高く、暖冬傾向になると予想されています。

気象庁が25日発表した3か月予報によりますと、来月以降、上空の偏西風が日本付近で南から北へ蛇行し、東日本と西日本では冬型の気圧配置が弱まると予想されています。

このため、来月から来年(2015年)2月までの気温は、北日本でほぼ平年並みですが、東日本と西日本、それに沖縄・奄美では平年よりも高く、暖冬になると予想されています

雨の量は、低気圧が太平洋沿岸を通りやすくなるため、東日本の太平洋側と沖縄・奄美で平年並みか多く、西日本の太平洋側では平年よりも多いと予想され、北日本と、西日本の日本海側ではほぼ平年並み、東日本の日本海側では平年並みか少ないと予想されています。

また、雪の量は、北日本でほぼ平年並み、東日本と西日本の日本海側では、平年並みか少ないと予想されています

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

気象庁の長期予報:東・西日本は暖冬傾向 2014年11月25日 への1件のフィードバック

  1. 気象庁の長期予報:東・西日本は暖冬傾向 2014年11月25日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中