冬の味覚「毛がに」最盛期:十勝 2014年12月13日

**
※- 冬の味覚「毛がに」最盛期:十勝 2014年12月13日

20141213_tokati

12月13日、NHK website ー:北海道十勝地方の広尾町では、特産の冬の味覚「毛がに漁」が最盛期を迎えています。

十勝沿岸の毛がに漁は漁業資源が減少し一時休漁となりましたが、平成18年からは、十勝地方の3つの漁協で、一シーズンの漁獲量を定めた試験操業が行われています。

今シーズンは3つの漁協で合わせて147トンと設定し、先月23日から漁が始まっています。

このうち、広尾漁協では9隻の漁船が連日出て、真っ赤な毛がにを、十勝港に次々と水揚げしています。

水揚げされた毛がには、港の敷地内にある市場に運ばれ、漁協の職員たちが、大きさごとに選別していました。

漁業者の1人は「今のところ漁は例年どおり順調です。これから寒さが厳しくなるとよりおいしさが増すので、多くの人に十勝の旬の毛がにを食べていただきたいです」と話していました。

十勝沿岸の毛がに漁は来年1月まで続き、主に北海道内に出荷されるということです

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

冬の味覚「毛がに」最盛期:十勝 2014年12月13日 への1件のフィードバック

  1. 毛蟹 2014年 より:

    冬の味覚「毛がに」最盛期:十勝 2014年12月13日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中