地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日

**
※- 地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日

12月19日、NHK website -:政府の地震調査委員会は、地震で震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した全国地図の今年度版を公表しました

最新の研究成果を盛り込んだ結果、関東の各地では昨年度に比べて確率が高くなりました。

**
政府の地震調査委員会は、全国各地の活断層や巨大地震などに関する研究成果に基づき、将来、地震で激しい揺れに襲われる確率を地域ごとに推計し、「全国地震動予測地図」として毎年公表しています。

過去に巨大地震が繰り返し起きている太平洋側や、日本最大級の活断層「糸魚川‐静岡構造線断層帯」の周辺などで確率が高いのが特徴です。

今年度版の予測によりますと、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率は、

高知市=70%、
北海道東部の根室市=68%、
静岡市=66%、
大阪市=45%、
名古屋市=43%
などとなっています。

また、今年度は関東平野の直下にあるプレートと呼ばれる岩盤どうしの境目が従来考えられていたより浅いという最新の研究成果が盛り込まれた結果、関東の各地では昨年度より数ポイントから20ポイントほど確率が高くなりました。

< 関東・各地の確率 >

横浜市=78%(+12)
千葉市=73%(+ 6)
水戸市=70%(+ 8)
さいたま市=51%(+21)
東京の都心=46%(+20)
などとなっています。

地震調査委員会の本蔵義守委員長は、「確率の高い地域では、できるだけ早く建物の耐震化や家具の固定などの対策を着実に進めてほしい。

確率の低い地域も日本以外の国と比べると相当に高い確率であり、地震の被害を『わがこと』と捉えて備えてほしい」と話しています。

「全国地震動予測地図」の最新版は、地震調査研究推進

本部のホームページ

http://jishin.go.jp/main/

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日 への1件のフィードバック

  1. 地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中