『冬至』鳥居の間から上る朝日・伊勢神宮 2014年12月22日

**
※- 『冬至』鳥居の間から上る朝日・伊勢神宮 2014年12月22日

20141222-伊勢神宮・冬至

12月22日は『冬至』、三重県の伊勢神宮では、1年を通して、この時期にしか見られない、参道の鳥居の間から上る朝日を一目見ようという大勢の人で朝早くからにぎわいました。

伊勢神宮では、冬至の頃にだけ参道の入り口の宇治橋の手前に立つ大鳥居の間から朝日が上ります。

大鳥居は「式年遷宮」の翌年に当たることし、20年ぶりに建て替えられました。

新しい鳥居で迎える初めての冬至となった22日、およそ1000人が訪れました。

夜明け前から、寒さにじっと耐えながら日の出を待ちました。

そして、午前7時40分すぎ、大鳥居の奥に見える山のりょう線から朝日が姿を見せ始めると、訪れた人たちは歓声を上げ、カメラや携帯電話で写真を撮っていました。

この後、地元の観光協会から冬至にちなんだ、かぼちゃが入ったぜんざいがふるまわれ、体を温めていました

*-*

広告
カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

『冬至』鳥居の間から上る朝日・伊勢神宮 2014年12月22日 への1件のフィードバック

  1. 冬至 2014年 より:

    『冬至』鳥居の間から上る朝日・伊勢神宮 2014年12月22日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中