箱根駅伝:青山学院大が初の総合優勝 2015年01月03日

**
※- 箱根駅伝:青山学院大が初の総合優勝 2015年01月03日

1月03日、NHK website ー:関東の大学対抗で競う「箱根駅伝」は、2日目の3日、復路が行われ、2日の往路を制した青山学院大がそのまま逃げきって、20回目の出場で初めての総合優勝を果たしました。

91回目の「箱根駅伝」には20チームが出場し、東京・箱根間を2日間かけてたすきをつなぎました。

3日の復路は、神奈川県箱根町から東京・大手町に戻る5区間、109.6キロで争われ、初めて往路を制した青山学院大が、2位の明治大に4分59秒の差を付けてスタートしました。

復路にも実力のある選手をそろえた青山学院大は、7区から9区までの3人が続けて区間トップを取り、6区と最終10区も区間2位と安定した走りで2位に10分50秒の大差を付け、20回目の出場で初めての総合優勝を果たしました。

青山学院大は復路も5時間25分29秒で初めて制しました。

また、2日間の合計タイム10時間49分27秒は、今回から5区と6区の距離がそれぞれおよそ20メートル延びたため、参考記録として扱われるこれまでの記録よりも2分余り速く、初めて10時間50分を切りました。

総合2位は往路で4位だった駒沢大で、2連覇を狙った東洋大は順位を上げられず3位でした。

「ありがとうと言いたい」

優勝した青山学院大を11年間指導している原晋監督は「指導してから廃部の危機もあったが、半歩、半歩、積み上げてきた結果がきょう実を結んだ。選手たちには『どこにこんな力があったのか。ありがとう』と言いたい」と笑顔で話していました。

「挑戦者の気持ち忘れず」

また、2日に「山登り」の5区でチームをトップに引き上げた3年生の神野大地選手は「今回の結果によって注目されると思うので、重圧に負けないようにしっかり走りたい。来年は4年生としてチームを引っ張り、また総合優勝できるように挑戦者の気持ちも忘れずにいたい」と話していました

*-*

広告
カテゴリー: 06-芸能・スポーツ, 13- website - パーマリンク

箱根駅伝:青山学院大が初の総合優勝 2015年01月03日 への1件のフィードバック

  1. 箱根駅伝:青山学院大が初の総合優勝 2015年01月03日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中