格差社会『21世紀の資本』 2015年01月10日

**
※- 格差社会『21世紀の資本』 2015年01月10日

21世紀の資本
    5940円
チョッと高い。 この様な本は安く販売すべきと思う!

1月10日、NHK website ー:資本主義の下での格差拡大をデータで実証し、ベストセラーとなっている『21世紀の資本』日本語版の増刷が相次ぐなど、大きな反響を呼んでいる。

10日都内の書店で開かれた本の内容を解説する催しには、幅広い年齢層のおよそ250人が集まり、関心の高さがうかがえました。

『21世紀の資本』は、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が、日本を含む世界20か国以上の税金のデータを基に、「所得」や「資産」を分析し、資本主義の下での格差の拡大を、データで実証した経済書です。

世界各国で格差の拡大が問題視されるなか、英語版は去年発売されたアメリカでベストセラーとなり、先月、日本語版の発売が始まった日本でも、大きな反響を呼び増刷が相次いでいます。

10日は、都内の書店で翻訳した評論家や経済学者が内容を解説する催しが開かれ、「先進各国で資産を持つ人が、より資産を増やし、資産を持たない人との格差が拡大してきている問題を、データに基づいて実証している」などポイントを説明しました。

会場には、幅広い年齢層の男女およそ250人が集まり、48歳の男性は、「資産の面だけでなく、教育や医療の分野でも格差が広がり、世代ごとに固定化されていると感じ、その背景を知ろうと思って参加しました」と話していました。

本の解説をした経済学者で明治大学准教授の飯田泰之さんは、「この本が、一般の方の間でも大きな反響を呼ぶとは予想外でした。背景には、かつて1億総中流といわれた日本社会で資産格差が、ひどくなってきていると考える人が増えてきていることがあるのではないか」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

格差社会『21世紀の資本』 2015年01月10日 への1件のフィードバック

  1. 格差社会『21世紀の資本』 2015年01月10日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中