NY原油:一時45ドル台に下落 2015年01月13日

**
※- NY原油:一時45ドル台に下落 2015年01月13日

1月13日、NHK website ー:週明け12日のニューヨーク原油市場は、アメリカの大手投資銀行が原油価格は今後さらに下がるという見通しを示したことから先物に売り注文が集まり、原油の先物価格は一時、およそ5年9か月ぶりに1バレル45ドル台まで下落しました。

12日のニューヨーク原油市場は、アメリカの大手投資銀行ゴールドマン・サックスが国際的な原油取引の指標となるWTIの先物価格のことしの見通しを従来より26ドル余り安い1バレル=47ドル15セントに引き下げたことから、この先も値下がりするという見方が強まりました。

このため先物に売り注文が集まり、WTIの先物価格は一時、2009年4月以来およそ5年9か月ぶりに1バレル=45ドル台まで下落しました。

原油価格はサウジアラビアが減産の姿勢を見せないなか、下落に歯止めがかかならくなっており、ことしに入ってからすでに10%以上値下がりしています。

今月初めにはアメリカでシェールオイルやガスの開発を手がけていた企業が採算が悪化して経営破綻するなど、原油安のマイナスの影響がじわじわと広がってきています

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

NY原油:一時45ドル台に下落 2015年01月13日 への1件のフィードバック

  1. NY原油:一時45ドル台に下落 2015年01月13日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中