阪神・淡路大震災から20年 2015年01月

**
※- 阪神・淡路大震災から20年 2015年01月

1月17日、 6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で20年になり、神戸市など被災した地域では、夜になっても犠牲者の追悼が続いています。

神戸市中央区の「東遊園地」では追悼の集いが開かれ、17日午後5時までにこれまでで最も多い7万5000人が訪れたとみられます。

会場には「1.17」の形に竹の灯ろうが並べられ、地震が起きた午前5時46分には集まった人たちが黙とうをささげました。

正午前から兵庫県公館で行われた追悼式典には、天皇皇后両陛下が出席されたほか、遺族や政府の関係者などおよそ500人が参列した。

全員で黙とうした後、井戸知事が「私たちの経験と教訓を未来へと伝え、被害を最小化する減災社会を実現していかなければなりません」と誓いのことばを述べました。

『阪神・淡路大震災』では、6434人死亡し、およそ=25万棟の住宅が全半壊しました

日本の防災対策にも大きな影響を与え、全国で建物の耐震化が進められ、被災者を支える災害ボランティアの重要性が広く知られるようになりました。

一方、住まいを失った人たちが暮らす復興住宅では、2人に1人が65歳以上になり、住民どうしの支え合いができず、孤独死が相次ぐなどの問題も起きています。

**
犠牲者を悼み、20年の歩みを振り返るとともに、震災の教訓を語り継ぐ1日が発生時刻の午前5時46分に合わせて各地で追悼行事が営まれ、神戸・三宮の東遊園地で行われた「1・17のつどい」(神戸市など主催)には、昨年の約3倍で過去最多の約1万4千人が参加し、黙とうをささげた。続いています。

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog パーマリンク

阪神・淡路大震災から20年 2015年01月 への1件のフィードバック

  1. 阪神・淡路大震災から20年 2015年01月

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中