訪日外国人2000万人の課題 2015年01月23日

**
※- 訪日外国人2000万人の課題 2015年01月23日

NHK:寺田麻美記者・三崎由香記者・松崎浩子記者

1月23日、このところ、町なかを歩いていると、外国人旅行者の姿をよく見かけます。

それもそのはず。去年・平成26年の1年間に日本を訪れた外国人旅行者は1340万人余りに達し、過去最高となったのです。

外国人の旺盛な観光需要を取り込むことは、人口減少が進み、国内市場が縮小する日本の経済成長にとって欠かせません。

「観光立国」の実現に向けた現状と課題について、経済部の寺田麻美記者、京都放送局の三崎由香記者、名古屋放送局の松崎浩子記者が解説します。

< 『観光立国』に一歩近づく >

日本政府観光局の発表によると、去年1年間に日本を訪れた外国人旅行者の数は、推計で1341万3600人

0123_02_graph

これまでで最も多かった、一昨年・平成25年の1036万3900人を約304万9700人、率にして29.4%上回り、過去最高となりました。

0123_03_kakudai

このところの円安に加え、東南アジアからのビザの発給要件が緩和されたことや、去年10月から消費税の免税対象品目が拡大されたこと、さらに、羽田空港の国際線が大幅に増便されたことなどが背景にあります。

0123_04_hounichisya

国や地域別に見ると、▽1位が台湾で前年より28%増えて282万9800人。▽2位が韓国で12%増えて275万5300人、▽3位の中国は240万9200人で、83%の増加は最も高い伸び率でした。
このほか、経済成長を背景にフィリピンやベトナムなど東南アジアからの旅行者も急激に増えています。

< 消費額も過去最高 >

これに伴い、外国人旅行者の消費総額も過去最高となりました。 その額、2兆305億円。
前年と比べて43%増えて、初めて2兆円の大台に乗りました。

これは、消費税免税の対象品目が拡大され、外国人の購買意欲が高まったことが大きく影響しています。

消費の内訳では、買い物代が7142億円で、これまで1位だった宿泊費を上回り、全体の35%を占めました。

国や地域別に見ると、中国が最も多い5583億円で前年の倍増となり、全体の4分の1を超える額を占めました。

中国からの旅行者の旺盛な買い物需要が消費総額を大きく押し上げる形となりました

続きは URL をクリック

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0123.html

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

訪日外国人2000万人の課題 2015年01月23日 への1件のフィードバック

  1. 訪日外国人2000万人の課題 2015年01月23日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中