ウクライナ東部・戦闘激しさ増す 2015年01月24日

**
※- ウクライナ東部・戦闘激しさ増す 2015年01月24日

1月24日、website –: ウクライナ東部では、政府軍と親ロシア派の戦闘が続いています。

24日には、政府軍がいる工業都市マリウポリが砲撃され市民20人以上が死亡するなど、戦闘は激しさを増しています。

ウクライナ東部では、政府軍と親ロシア派の間で去年9月に停戦に合意したあとも戦闘が続いていて、国連によりますと、今月21日までの9日間で262人が犠牲になりました。

ウクライナ政府側によりますと、24日、政府軍がいる工業都市マリウポリが砲撃され、これまでに子ども2人を含む市民27人が死亡し、97人がけがをしました。

東部の中心都市、ドネツクの親ロシア派の指導者、ザハルチェンコ氏は、ロシアメディアに対し「マリウポリへの攻撃が始まった」と述べたうえで、政府軍が展開する別の町も包囲する作戦を進めることを明らかにしました。

ウクライナ東部を巡っては、政府軍が軍事戦略上、重要な拠点としていたドネツクの空港を今月22日までに親ロシア派が制圧した。

ウクライナ政府は、親ロシア派の攻勢が強まっているのはロシアから国境を越えて兵士や武器の支援を受けているためだとして、ロシア政府を非難しています。

ウクライナの国防省によりますと、現在、政府軍と親ロシア派がにらみ合うほぼすべての戦線で砲撃戦になっているということで、停戦の合意があるにもかかわらず、戦闘は激しさを増しています

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中