安全な航空会社10社とは 2015年02月06日

**
※- 安全な航空会社10社とは
 2015年02月06日

2月06日、website -: 2015年01月08日、『AirlineRatings.com』は1月06日、2015年版の安全な航空会社10社を発表し、トップは1951年から航空機事故に伴う死者を出していないオーストラリアの『カンタス航空』だった。

2位以下は、ニュージーランド航空、キャセイ・パシフィック航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、フィンエアー、ルフトハンザ・ドイツ航空、シンガポール航空だった。

**
同サイトは449社を対象に調査し、米連邦航空局FAA)や国際民間航空機関ICAOなどの航空監督機関や各国政府の安全監査、航空会社の事故記録を基に、リストをまとめた。

同時に、安全な『格安航空会社』(LCC)ベスト10も紹介した。

アルファベット順にエアリンガス」、「アラスカ航空」、「アイスランド航空」、「ジェット スター航空」、「ジェットブルー航空」、「クルラ航空」、「モナーク航空」、「トーマス・クック航空」、「TUI航空」、「ウェストジェット航空だった。

昨年12月28日に墜落事故を起こしたエアアジアは、ランク入りしていない。

同サイトは、「多くの格安航空会社に比べると、ベスト10に入った格安航空会社は、国際航空運送協会IATAの厳しい運行安全審査をクリアし、良好な安全飛行記録がある」と評価している。

449社のうち、149社安全性が高い7つ星の評価だったが、安全面の対応が必要と判断される3つ星以下は50社ほどあった

また、安全性が低いとして、1つ星と判断されたのは、ネパールのAgni Air、Tara Air、ネパール航空、アフガニスタンのカム・エア、カザフスタンのスキャット・エアの5社だった。

同サイトは、「航空機の安全という面で、2014年は最悪の年だった。

現代史の中でも、悲惨な航空機事故が多い年だった」と指摘。

統計によると、昨年1年間で、死者を伴う航空機事故が21件発生し、計986人が亡くなった。

同数字は、過去10年の平均を上回っている。中でも、マレーシア航空は、MH370便が行方不明になったほか、MH17便が撃墜され、計537人が亡くなる(行方不明者含む)という、前代未聞の事故に見舞われた。

そのほか、CNNによると、マレーシア航空の評価は5つ星、エアアジアは4つ星だった。

昨年の12月まで、エアアジアは航空機事故に伴う死者を出したことがなく、良好な安全記録を誇っていた。

(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

安全な航空会社10社とは 2015年02月06日 への1件のフィードバック

  1. 安全な航空会社10社とは 2015年02月06日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中