1月の訪日外国人、4人に3人は韓国・中国・台湾・香港 2015年02月18日

**
※- 1月の訪日外国人、4人に3人は韓国・中国・台湾・香港
 2015年02月18日

2月18日、website ー:日本政府観光局の発表によると、今年1月の訪日外国人客数は前年同月比29.1%増の=121万8千人に達した。

1 月として過去最高となった

円安進行による訪日旅行の割安感が浸透したことや、『スノーリゾート日本』のPR が大きく寄与した・・・?

**
2015年2月18日、日本政府観光局の発表によると、今年1月の訪日外国人客数は前年同月比29.1%増の121万8千人に達した。

1 月として過去最高。円安進行による訪日旅行の割安感が浸透したことや、スキーや雪遊び、冬のイベントなど、『スノーリゾート日本』をPR してきたことが大きく寄与した。

2014年10月に日本政府が外国人観光客を対象により優遇率の高い税還付政策を打ち出したのに続いて、今年1月から中国人訪日客に対するビザ発給要件の運用を緩和したことも、さらなる増加につながった。

伸び率が最も高かったのは中国で、前年同月比45%増の22万6300人。

韓国は同40%増の35万8100人と訪日客数では最も多かった。

台湾は同10%増の 21万7000人、
香港も同 38%増の  8万7700人だった

この東アジアの4つの国・地域の合計は=約89万人全体の=73%を占めた

2014年の訪日外国人客数は1341万人となり、年間最多を記録した13年の1036万人を大きく上回ったが、この傾向が15年になってもさらに拡大。

2 月は旧正月休暇(春節)により、東アジア市場からの訪日客数の増加が見込まれるほか、円安傾向の継続やスノーレジャー需要の拡大が後押しし、さらなる増加が見込まれる。

人口減少が続く日本では外国人観光客は有力な経済下支え策となる。

2014年に日本を訪れた外国人の消費の合計額は日本の名目国内総生産(GDP)の0.4%程度となる計算。

観光業への好影響なども含め、訪日外国人が日本のGDPを引き上げる効果は2.7兆円との試算もある。

この結果、交通各社、ホテル・旅館、土産店など観光産業の売上急増につながっている。

観光地別では東京、大阪、京都などに加え、特色ある自然豊かな北海道、沖縄の人気が高く、地元経済への寄与も大きい ( 八牧浩行 )

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

1月の訪日外国人、4人に3人は韓国・中国・台湾・香港 2015年02月18日 への1件のフィードバック

  1. 1月の訪日外国人、4人に3人は韓国・中国・台湾・香港 2015年02月18日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中