「BDNFプロペプチド」 2015年06月02日

**
※- 「BDNFプロペプチド」 2015年06月02日

6月02日、NHK website -: 記憶に関係する脳の神経細胞の働きを妨げる新たなたんぱく質を産業技術総合研究所などのグループが発見しました。

うつ病や認知症の新たな治療法の開発につながる可能性があるとしています。

新たなたんぱく質を発見したのは産業技術総合研究所と前橋工科大学などのグループです。

グループは、脳の神経細胞どうしが、互いに情報をやり取りするシナプスという場所にあるたんぱく質、「BDNFプロペプチド」に注目し、マウスを使って詳しく調べました。

その結果、このたんぱく質は、神経細胞が、シナプスを通じて記憶に関する情報などをやり取りをするのを妨げる働きをしていることが分かったということです。

うつ病やアルツハイマー病などの認知症の患者は、シナプスの働きが悪くなっていると見られていて、研究グループはこのたんぱく質が病気の原因と関係している可能性があるとしています。

研究を行った産業技術総合研究所の小島正己チーム長は、「BDNFプロペプチドを取り除く薬が出来れば、うつ病やアルツハイマー病の新たな治療法の開発につながる可能性がある。

今後、患者を治療している医師とも協力して研究をさらに進めていきたい」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

「BDNFプロペプチド」 2015年06月02日 への2件のフィードバック

  1. 記憶に関係する脳の神経細胞の働きを妨げる新たなたんぱく質を産業技術総合研究所などのグループが発見

  2. 「BDNFプロペプチド」 2015年06月02日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中