北朝鮮:金正恩第一書記の胸から金日成・金正日バッジが消える 2015年06月25日

**
※- 北朝鮮:金正恩第一書記の胸から金日成・金正日バッジが消える 2015年06月25日

記事:2015年06月21日、北朝鮮の金正恩第一書記の装いに最近、変化がみられると韓国メディアが報じた。

金第一書記はこれまで公共の場に現れる際は必ず「金日成・金正日」バッジをつけていたが、このところその胸からバッジが消えたという。

中国青年報が伝えた。

北朝鮮の国民には金日成国家主席や金正日総書記の“肖像徽章”と言われるバッジを身に着ける義務があるが、金正日総書記死去後、新たに金日成・正日2人の肖像が並ぶ「サンサン」(双像)と呼ばれるバッジが作成され、高級幹部用のみに配布されている。

これを着けずに公開の場に登場する金正恩の姿がこのところ、複数回にわたってとらえられている。

識者の分析では、これは父や祖父の影響力を取り除き、自分自身の独立した政治キャリアを構築したいという決意の表れではないかという  ( 翻訳・編集/愛玉 )

*-*

カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝, 13- website - パーマリンク

北朝鮮:金正恩第一書記の胸から金日成・金正日バッジが消える 2015年06月25日 への1件のフィードバック

  1. 北朝鮮:金正恩第一書記の胸から金日成・金正日バッジが消える 2015年06月25日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中