歯周病菌・インフルエンザの感染助長か? 2015年07月05日

**
※- 歯周病菌・インフルエンザの感染助長か? 2015年07月05日

7月05日、NHK webste -: 歯周病の原因となる口の中の細菌が、インフルエンザウイルスの感染を助長し、患者の症状を悪化させる可能性があるとする研究報告を日本大学の研究グループが発表しました。

この研究を行ったのは、日本大学歯学部の落合邦康教授らのグループです。

インフルエンザウイルスは特定の酵素の助けを借りてヒトの細胞に入り込み、内部で増殖することによって感染を広げます。

グループでは、口の中にある歯周病菌がこの過程に関わっているのではないかとみて詳しく調べたところ、インフルエンザウイルスに、歯周病菌の一種「ジンジバリス菌」が出す酵素を加えると、ウイルスが細胞に感染しやすくなるのを確認したということです。

グループでは、口の中で歯周病菌が増えるとウイルスの細胞への感染を助長し、インフルエンザを悪化させる可能性があるとしています。

落合教授は、「歯周病や虫歯は命には関わらないと軽視されがちだが、習慣的な口腔(こうくう)ケアを高齢者施設などで行うことでインフルエンザウイルスの感染を抑えられる。健康で長生きするには口腔ケアが重要だ」と話しています

**
私見:「うがい」に関して、インフルエンザ・ウイルスは喉の粘膜から簡単に進入するから「うがい」は効果がないと言っている医者もいるんですよね。

私も、そう思っていました。 まぁ、せいぜい喉を潤して乾燥を防ぐ、ぐらいしか効果が無いのではと。

今回の研究実験で、> 口の中で歯周病菌が増えるとウイルスの細胞への感染を助長する < との結果から、口の中を「うがい」することによって、歯周病菌を減らす事ができるので効果があると言うことでしょうか

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

歯周病菌・インフルエンザの感染助長か? 2015年07月05日 への1件のフィードバック

  1. 歯周病菌・インフルエンザの感染助長か? 2015年07月05日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中