気象衛星「ひまわり8号」・運用開始 2015年07月07日

**
※- 気象衛星ひまわり8号」・運用開始
 2015年07月07日

20150708-himawari-8-02 20150708-himawari-8

7月07日、NHK website ー: 観測の性能が従来より大幅に向上した次世代の気象衛星「ひまわり8号の運用が7日から始まりました。

今後、台風の予報精度の向上や局地的な豪雨の観測の強化などにつながることが期待されます。

去年10月に打ち上げられた「ひまわり8号」はこれまでの試験運用で大きなトラブルは確認されず、7日午前11時から本格的な運用が始まりました。

「ひまわり8号」は搭載するセンサーの性能がこれまでのひまわり7号から大幅に向上し、画像の解像度は4倍に、台風などを撮影する頻度は2分半に1回とこれまでの12倍となり、台風の勢力や進路の予報精度の向上や局地的な豪雨の観測の強化にもつながると期待されます。

また、静止気象衛星として世界で初めてカラーでの撮影が可能となり、噴火に伴う噴煙が広がる様子や黄砂が飛散する様子などもよりはっきりと捉えることができるようになります。

気象庁気象衛星課の操野年之課長は、「ひまわり8号の運用開始で、気象観測の新たな時代がスタートしたと思います。ひまわり8号で得られた観測データを活用して国民の安全や安心に一層貢献できるよう努めたい」と話しています。

< 性能が大幅に向上 >

「ひまわり8号」は搭載するセンサーの性能がひまわり7号から大幅に向上し、解像度はこれまでの4倍に、また、台風や日本付近を撮影する頻度はこれまでの30分に1回から2分半に1回と12倍となります。

これによって、台風の動きがより滑らかにはっきりと表示されるほか、勢力を見極めるうえで重要な情報となる「台風の目」と呼ばれる中心付近の様子が鮮明に捉えられるようになり、台風の勢力や進路の予報精度の向上につながることが期待されます。

また、短時間で急速に発達する積乱雲をより詳しく捉えることができるようになるため、局地的な豪雨の観測の強化にもつながることが期待されます。

さらに、「ひまわり8号」は静止気象衛星としては世界で初めてカラーでの撮影ができるようになります。

これまでは雲との区別が難しかった噴火に伴う噴煙が広がる様子や、黄砂が飛散する様子がはっきりと捉えられるようになり、早めの注意の呼びかけに役立つと期待されています。

試験運用中のことし5月29日に鹿児島県の口永良部島の爆発的な噴火を捉えた動画では、噴煙が南東の方向へ流れる様子がはっきりと確認できます

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

気象衛星「ひまわり8号」・運用開始 2015年07月07日 への1件のフィードバック

  1. 気象衛星「ひまわり8号」・運用開始 2015年07月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中