原油価格:1バレル=41ドル台に下がる 2015年08月14日

**
※- 原油価格:1バレル=41ドル台に下がる 2015年08月14日
 

8月14日、13日のニューヨーク原油市場は、先物に売り注文が集まり、原油の先物価格は一時、およそ6年5か月ぶりに1バレル=41ドル台に下落した

ニューヨーク原油市場では、通貨・人民元の基準値の引き下げを受け、中国の景気の減速で原油の需要が低迷し、供給過剰な状態が続くとの見方から売り注文が支配した。

国際的な原油取引の指標となるWTIの先物価格は、一時、前日より3%以上安い1バレル=41ドル台に下落した。

リーマンショックの影響で世界経済が低迷した、2009年3月以来、およそ6年5か月ぶりの安値

去年(2014年)の秋以降に急落した原油の先物価格は、今年3月に1バレル=42ドル台をつけたあと上昇に転じ、5月には今年の最高値となる=62ドル台となっていた

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

原油価格:1バレル=41ドル台に下がる 2015年08月14日 への1件のフィードバック

  1. 原油価格:1バレル=41ドル台に下がる 2015年08月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中