救助されたロシア軍人「領空侵犯していない」 2015年11月26日

**
※- 救助されたロシア軍人領空侵犯していない 2015年11月26日

11月26日、NHK website ー:ロシアの爆撃機がトルコ軍に撃墜された事件で、ロシア側は「領空侵犯はしていない」などと改めて反論したうえ、トルコとの外相会談を拒否するなど強硬な姿勢を示しています。

内戦が続くシリアとトルコの国境付近で24日、ロシア軍の爆撃機が領空を侵犯したとしてトルコ軍の戦闘機に撃墜された事件では、パラシュートで脱出した乗員2人のうち1人が地上から銃撃を受けて死亡し、救出に向かったヘリコプターも地上から攻撃を受け、兵士1人が死亡しました。

爆撃機から脱出したもう1人の乗員は、25日、シリア軍との合同捜索で救助され、シリア北西部にあるロシア軍の空軍基地でロシアメディアのインタビューに答えました。

この乗員は領空を侵犯したかどうか質問されたのに対し、「1秒たりとも侵犯していない。視界は良好で、国境はどこで、自分たちはどこにいるのか、よく分かっていた」と述べました。

さらに「トルコ軍側からは、無線や目に見えるかたちでの接触はなかった」と述べ、10回にわたって警告を繰り返したというトルコ側の主張に改めて反論しました。

また、ロシアのラブロフ外相は25日、トルコのチャウシュオール外相と電話で会談したことを明らかにしたうえで、トルコ側から哀悼の意が示された一方、撃墜を正当化しようとしたとして不快感をあらわにしました。

そのうえで、トルコ側が提案した外相会談を拒否したことを明らかにするなど、強硬な姿勢を示しています。

≪ トルコ軍 警告の録音を公開 ≫

トルコ軍は25日、撃墜したロシアの爆撃機に対して行った警告を録音したものだとする音声を公開しました。

この中では、英語で「こちらトルコ空軍」と名乗ったうえで、「トルコの領空に近づいている。直ちに南へ進路を変更せよ」と警告しています。

トルコ軍はこの警告について、南東部のディヤルバクルにある軍の拠点から行ったとしていて、警告の声は次第に早口になり、緊迫した様子がうかがえます。

トルコ政府はこれまでに、ロシアの爆撃機に対して5分間に10回の警告を行ったにもかかわらず、領空侵犯を続けたため撃墜したと主張しています。

≪ トルコ大使館前で抗議活動 ≫

ロシア軍の爆撃機がトルコ軍の戦闘機に撃墜されたことを受けて、モスクワにあるトルコ大使館の建物の前では、極右政党の支持者を中心におよそ400人が集まり抗議行動を行いました。

集まった人たちは、「トルコの大統領はテロリストの手先だ」とか「ロシアを背後から襲うことは許さない」などと書かれた紙を掲げ、「兵士たちが死亡したことに責任を取れ」などと大声を張り上げていました。

35歳の男性は「トルコ政府のやり方に抗議するために来ました。なぜ撃墜しなければならなかったのか説明してほしい」と話していました。

また、参加者の一部が暴徒化し、大使館の建物に塗料をかけたり生卵を投げつけたりしたほか、石を投げて窓ガラスを割る人たちの姿も見られました

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

救助されたロシア軍人「領空侵犯していない」 2015年11月26日 への1件のフィードバック

  1. 救助されたロシア軍人「領空侵犯していない」 2015年11月26日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中