NY原油続落、一時=28ドル割れ 2016年01月21日

**
※- NY原油続落、一時=28ドル割れ 2016年01月21日

1月21日、【ニューヨーク時事】連休明け19日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米欧の対イラン経済制裁解除を受けて供給過剰懸念が広がる中、続落した。

米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)は前週末比0.96ドル安の 1バレル= 28.46ドルとなった。

その後の電子取引では一時、約12年4カ月ぶりに28ドルを割り込んだ。

イラン産原油の輸出が拡大するとの観測が、引き続き相場を圧迫。国際エネルギー機関(IEA)がこの日発表した1月月報で、原油価格のさらなる下落もあり得ると指摘したことも嫌気された

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中