ヨーロッパ:株式市場・大きく値下がり 2016年02月12日

**
※- ヨーロッパ:株式市場・大きく値下がり 2016年02月12日

2月11日のヨーロッパの主な株式市場は、世界経済の先行きに対する懸念に加え、低金利が業績悪化につながるなどとして銀行株が売られ、株価は大きく値下がりして取り引きを終えました。

11日のヨーロッパの主な株式市場は、世界経済の先行きに懸念が広がったことに加え、この日発表されたフランスの大手銀行の決算内容が振るわず低金利で銀行の収益が悪化しているなどとして銀行株が売られ、ほぼ全面安の展開となりました。

2月11日の主な市場株価指数は、

▽パリ市場で= 4%余り、
▽フランクフルト市場で= 2.9%余り値下がり、
▽ロンドン市場でも= 2.4%近く値下がり、

いずれもおよそ、1年3か月ぶりの安値となった。

ロンドン株式市場は、およそ3年6か月ぶりの安値で取り引きを終えた。

また、マイナス金利を導入している北欧のスウェーデンの中央銀行が17日から政策金利をマイナス0.35%からマイナス0.5%に引き下げると発表するなど金利の低下傾向が広がった。

経済が堅調なイギリスの10年ものの国債の利回りも一時、1.2%台に低下して過去最低となった。

市場関係者は「午後に取り引きが始まったニューヨーク市場が値を下げるとヨーロッパ市場もさらに値を下げた。

リスクを避けようという投資家の姿勢が強まり、銀行や保険、資源関連の銘柄に売り注文が相次いだ」と話しています

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

ヨーロッパ:株式市場・大きく値下がり 2016年02月12日 への1件のフィードバック

  1. ヨーロッパ:株式市場・大きく値下がり 2016年02月12日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中