「神戸ルミナリエ」22回目を迎えた 2016年12月02日

**
※- 「神戸ルミナリエ」22回目を迎えた  2016年12月02日

20161202-阪神淡路大震災1995年01月17日

12月02日、NHK website -: 1995年01月17日・阪神淡路大地震が早朝に起きた。

その復興のシンボルとなっている「神戸ルミナリエ」が2日から始まり、色鮮やかなイルミネーションが神戸の街にともりました。

夜の街を光で彩る神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災で犠牲になった人々の鎮魂と復興を願って、平成7年の冬に始まり、ことしで22回目を迎えました。

2日は点灯式が行われ、会場となっている神戸市中央区の旧外国人居留地では、集まった人たちが黙とうして犠牲者を悼みました。

そして午後6時すぎ、鐘の音とともに30万個の電球に明かりがともされました。

ことしのテーマは「光の叙情詩」で、イルミネーションの色が去年の7色から9色となり、鮮やかさを増しています。

高さ幅が 20メートル余りの城の扉に見立てた光のゲートを入ると、16メートルほど続く光のトンネルが現れ、訪れた人たちは明かりを見上げながらゆっくりと歩いていました

今月11日までの10日間、神戸市の旧外国人居留地と東遊園地で行われます

*-*

広告
カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

「神戸ルミナリエ」22回目を迎えた 2016年12月02日 への1件のフィードバック

  1. 「神戸ルミナリエ」22回目を迎えた  2016年12月02日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中