都内の花粉の飛ぶ量は平年並み 2017年01月19日

**
※- 都内の花粉の飛ぶ量は平年並み 2017年01月19日

1月19日、NHK website -: 東京都内で、この春に飛ぶ花粉の量は去年とほぼ同じ程度で、飛び始める時期は例年並みの2月15日から18日ごろになる見通しです。

東京都によりますと、この春に都内で飛ぶスギやヒノキの花粉の量は、秋のスギの花芽のつき具合などから、1平方センチメートル当たり3800個から5200個と予測されています。

これは去年とほぼ同じ程度で、過去10年の平均と比べても例年並みです。

花粉が飛び始める時期は、23区と多摩地域のいずれも来月15日から18日ごろとされ、例年並みとなる見通しです。

花粉の量が多いとされる日は、平均で28日程度で例年よりも2日少ないと予測されています。

花粉は、最高気温が高めの日や晴れて風が強く乾燥した日に多く飛び、都内では5月中旬まで飛ぶ見通しで、スギは3月、ヒノキは4月に特に多くなります。

都は、花粉が飛び始める前にかぜをひいたりたばこを吸いすぎて鼻の粘膜を傷つけたりすると、花粉症の症状が悪化するおそれがあるとして、体調管理にも十分注意するよう呼びかけています

*-*

広告
カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 パーマリンク

都内の花粉の飛ぶ量は平年並み 2017年01月19日 への1件のフィードバック

  1. 都内の花粉の飛ぶ量は平年並み 2017年01月19日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中