大相撲初場所 大関・稀勢の里 悲願の初優勝 2017年01月22日

**
※- 大相撲初場所 大関・稀勢の里 悲願の初優勝 2017年01月22日

1月22日、NHK website  -: 大相撲初場所は、14日目に1敗で優勝争い単独トップの大関・稀勢の里が勝ち、2敗で追う横綱・白鵬が敗れたため、千秋楽を待たずに『稀勢の里』が初優勝を決めました。

初場所の優勝争いは、1敗の稀勢の里を2敗の白鵬が追う展開で14日目を迎え、先に土俵に上がった稀勢の里が平幕の逸ノ城に寄り切りで勝ち、13勝1敗としました。

そして、白鵬が結びの一番で平幕の貴ノ岩に寄り切りで敗れ、3敗目を喫したため、稀勢の里が星の差2つのリードをつけ、千秋楽を前に初めての優勝を決めました。

稀勢の里は今場所、得意の左四つからの馬力を生かした攻めや、苦しい体勢を持ちこたえながらの粘り強い相撲で勝ち星を重ねてきました。

9日目に大関・琴奨菊に初黒星を喫しましたが、「一日一日、集中して力を出し切るだけ」と、みずからに言い聞かせるように繰り返し、重圧がかかる終盤戦も力強い相撲で乗り切り、初土俵から15年で悲願の初優勝をつかみました。

稀勢の里は大関昇進から31場所目での初優勝で、昭和以降1位のスロー記録となりました。

また、新入幕から73場所目での初優勝は元関脇の旭天鵬に次いで歴代2位のスロー記録です。

涙ながらに「感謝しかない」

大関・稀勢の里は横綱・白鵬が敗れた結びの一番の時は、支度部屋の中で、テレビモニターに背を向けながら座り、取組を見ることはしませんでした。

そして、白鵬が敗れて初優勝が決まると、付け人が「横綱が負けました」と伝えました。

稀勢の里は報道陣に背を向けたまま、かみしめるように小さくうなずいたあと、しばらくして前に向き直して、報道陣の質問に答えました。

稀勢の里は「ありがとうございます。うれしいです」と短い言葉で控えめに喜びを語り、「またあした、最後しっかりしめたい」と目に涙を浮かべながら話しました。

そして、これまで支えてくれた人たちへ向けて、「感謝しかないですよ」と述べたあと、タオルで目をふき、ふだんどおり、ゆっくりとした足取りで国技館をあとにしました。

兄弟子・西岩親方「ようやく花開いた」

大関・稀勢の里の兄弟子に当たる元関脇・若の里の西岩親方は「まだ実感がわかない。信じられない。こつこつやってきたから、ようやく、ここで花開いたのかなと思う」と、弟弟子の悲願達成を祝福しました。

そして、優勝の一番の要因として去年、大関の琴奨菊と豪栄道が初優勝し、ライバルに先を越されたことを挙げ、「大関の中で自分だけ優勝していない状況で、その悔しさが稀勢の里に火をつけたのだと思う。これで終わりじゃない。これからが大事だ」と話していました。

横綱昇進の可能性は?

大関・稀勢の里が初優勝を決めたことについて、日本相撲協会の八角理事長は「今場所の稀勢の里は精神的にも、しぶとくなっている気がする。努力していれば、こういう優勝もある。ようやく花開いたというか、本人もうれしいでしょう。これだけ苦労した優勝は最近ないのではないか」とたたえました。

そのうえで、今場所後の横綱昇進の可能性については「気持ちを切らず、あすのもう一番に臨むこと。昇進については、あす終わってから」と話すにとどめました。

横綱審議委員会の守屋秀繁委員長は「最高のシナリオで言うことない。今場所は落ち着きもあったし、精神的にも満たされていたのではないか」と称賛しました。

そして、横綱昇進の可能性については、「私個人よりも日本国民が期待しているでしょう。あすの白鵬との一番を、それほど重要視しなくてもいいと思うが、もちろん、あす勝てば、もろ手を挙げて賛成する。委員会に諮問された場合、委員の意見を聞くが皆さんも賛成するのではないか」と前向きな見解を示しました。

稀勢の里のこれまで

田子ノ浦部屋の稀勢の里は、茨城県牛久市出身の30歳で、中学校の卒業前に入門して平成14年の春場所に初土俵を踏み、平成16年の九州場所で幕内に昇進しました。

18歳3か月での新入幕は元横綱・貴乃花に次いで、昭和以降では2番目の若さでした。

得意の左四つに組んでからの力強い相撲が持ち味で、東の前頭筆頭で臨んだ平成22年の九州場所で、横綱・白鵬の連勝を63で止めたのをきっかけに、安定した成績を残すようになり、日本出身力士のホープとして注目されてきました。

平成23年の九州場所では場所の直前に、師匠の元横綱・隆の里の鳴戸親方が急死するという悲しみを乗り越えて、大関昇進を決めました。

平成25年の夏場所では初日から13連勝し、初めての優勝に近づきますが、その後、2連敗するなど、大事な一番を落として優勝にあと一歩届かない場所が続き、精神面の弱さが課題と指摘されてきました。

去年の初場所には大関・琴奨菊が、秋場所には大関・豪栄道が初優勝を果たし、ライバルたちに先を越されるかたちとなりましたが、去年は1年を通して安定した成績を残し続け、九州場所では3横綱を続けて破る強さも見せて、初めて年間最多勝に輝きました。

今場所は9日目に大関・琴奨菊に敗れて以降、相手に攻め込まれる相撲もありましたが、土俵際で懸命にこらえながら、粘り強く攻めて白星を重ね、14日目も1敗を守り、初土俵から15年、大関31場所目で悲願の初優勝を果たしました。

7場所で6人が優勝 大混戦の時代に

大相撲は大関・稀勢の里の初優勝で、16年ぶりに直近の7場所で6人が優勝する大混戦の時代となりました。

大相撲は、去年の6場所で琴奨菊、白鵬、日馬富士、豪栄道、鶴竜の5人が優勝しました。

今場所は稀勢の里が悲願の初優勝を果たし、直近の7場所で6人が優勝を経験しました。

これは平成12年の初場所から翌年の初場所まで武双山、貴闘力、魁皇、曙、武蔵丸、貴乃花の6人が次々に賜杯を手にして以来、16年ぶりとなります。

稀勢の里の父親「日々の努力の積み重ね」

大相撲初場所で初優勝を決めた大関・稀勢の里の父親、萩原貞彦さんは「日々の努力の積み重ねが優勝につながったと思います。優勝を決めて涙を見せたのは、亡くなった先代の鳴戸親方の教えを受けたからこそ、優勝ができたという心からの感謝の表れだと思います。本人からはまだ連絡はありませんが、千秋楽は国技館で応援したいと思います」と話していました

*-*

広告
カテゴリー: 06-芸能・スポーツ, 13- website - パーマリンク

大相撲初場所 大関・稀勢の里 悲願の初優勝 2017年01月22日 への1件のフィードバック

  1. 大相撲初場所 大関・稀勢の里 悲願の初優勝 2017年01月22日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中