外国人労働者108万人のいま

**
※- 外国人労働者108万人のいま
 2017年02月14日

2月14日、NHK website -: 今この留学生の問題をどう考えればいいのでしょうか。

国士舘大学の鈴木江理子教授は週28時間を超えるアルバイトは不法就労にあたるため、望ましくはないとしたうえで、「留学生が働きに来ているから間違っているという議論があるがそうではないと思う。

働きたいという人がいて、働いてもらいたいという企業のニーズが現実としてある。

無条件で誰でも働いて良いということにはならないが、両者のニーズをマッチングできる制度を検討する時期に来ているのではないか」と話しています。

20170214_06_interview2

日本の企業が働き手として求め、途上国の若者が働くために来たいと希望していても、その手段が、事実上「留学」などに限られていることが、出稼ぎ留学生の問題の背景にあるという意見です。

外国人労働者の受け入れをめぐっては、“治安”や“日本人の雇用”に悪い影響を与えるのではないかと懸念する声があることも確かで、そうした視点からの議論も必要です。

受け入れる環境を整えないまま、人手不足の穴を埋める安い労働力として、安易に受け入れるべきではないという意見もあります。

一方で、すでに国内で働く外国人は108万人。例えれば富山県の人口を上回る規模の外国人が日本で働く時代です。

人手不足が深刻化するなか、「働き手」としての外国人を受け入れをどうすればいいのか、検討する必要に迫られていると思います

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

外国人労働者108万人のいま への1件のフィードバック

  1. 外国人労働者108万人のいま 2017年02月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中