子どもの人口、36年連続減 2017年05月04日

**
※- 子どもの人口、36年連続減 2017年05月04日

12段仕様ベース

15歳未満1571万人-総務省

5月05日(投稿)、 総務省が「こどもの日」に合わせて4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は1571万人で、前年の1588万人を17万人下回り、1982年から36年連続で減少した。

都道府県で子どもの人口が増えたのは東京のみで、全国的な少子化の流れに歯止めがかかっていない。

内訳は男子が805万人、女子が767万人

総人口に占める子どもの割合は、前年比0.1ポイント減の12.4%43年連続で低下した。

3歳ごとの年齢区分では、12~14歳が335万人と最も多く、9~11歳が321万人、6~8歳が317万人、3~5歳が304万人。0~2歳が294万人と最も少なく、年齢が低いほど人口が減っている。

都道府県別のデータ(2016年10月1日現在)によると、人口に占める子どもの割合が最も高いのが

沖縄の17.2%
滋賀14.3%、
佐賀13.8%と続く。

最も低いのが
秋田の10.3%

九州 8県( 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄 )の子どもの割合はいずれも全国平均の12.4%を上回った。

東北 6県 ( 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)は全て全国平均を下回るなど地域間のばらつきが大きい

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

子どもの人口、36年連続減 2017年05月04日 への1件のフィードバック

  1. 子どもの人口、36年連続減 2017年05月04日
    15歳未満1571万人-総務省

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中