『外国人技能実習生』:3年で22人労災死 2018年01月16日

**
※- 『外国人技能実習生』:3年で22人労災死 2018年01月16日

1月15日、厚労省:日本に来ている外国人技能実習生が労災で死亡する割合が、日本全体の労災死に比べおよそ2倍にのぼることが厚生労働省の調べでわかりました。

厚生労働省によりますと、2014年度からの3年間に労災で亡くなったと認定された外国人技能実習生は22人で、長時間労働による過労死は1人でした。

実習生の国籍や性別、職種は明らかにされていません。

同じ3年間の日本全体の労災死は10万人当たり1.7人ですが、実習生の労災死は、そのおよそ2倍の3.7人となっています。

『外国人技能実習制度』は、外国人を日本の企業などで受け入れ、習得した技術を母国の経済発展に役立ててもらう制度で、去年、新たな職種として「介護」が加わり、実習生は今後さらに増えるとみられています

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

『外国人技能実習生』:3年で22人労災死 2018年01月16日 への2件のフィードバック

  1. “A foreign skill trainee:” It is 22 workmen’s accident death in three years. 2018年01月16日

  2. 『外国人技能実習生』:3年で22人労災死 2018年01月16日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中