“風の道草”

   ~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~        
                      Message board     
Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content
『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』

Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!

** 東京都選挙管理委員会不正開票疑惑 **
2016年の都知事選挙に於いて、小池ゆりこ氏の獲得票は、東京都の 各市 や 各区、それぞれに於いて、元知事・猪瀬氏が獲得した票の= 67%で、ほぼ一致。
同様に、前回の都知事選挙(2014年)、舛添氏の獲得票= 48%で、ほぼ一致
a-20140209-R2 a-20160731-都知事選挙R1

 **

戦争屋は全部ユダヤ人( 今も同じ )金の為なら何でもやるユダヤ

プーチン ・ ロシア大統領の演説 : ソ連政府の初期は 80% から 85% がユダヤ人だった
( Russian President Putin’s speech: the Jews in the early Russian government accounted for 80% to 85% )
**
世界で起きている紛争 = CFR 『 ユダヤ金融マフィア 』 CIA & Mossad
『 9.11テロ 』、『 ボストン・マラソン爆破 』は、「似非・ユダヤ金融マヒア裏権力組織」の蛮行
『 3.11・東日本大地震テロ 』は、「 ユダヤ金融マフィア」 と 「 イスラエル 」 が核を使った蛮行
『 パレスチナ・ハマース 』、『 アルカイーダ 』、『 ISIS 』 は、CIA と Mossad が作ったテロ組織
Russia Today Declares ”9/11 Was An Inside Job ! ”
Probably the biggest and most public 9/11 story ever

As with Japan, the United States citizens have been dominated by the false Jewish financial mafia

Search(検索) ⇒ ジム・ストーン ( Jim Stone )

ファラカ-ン氏:『 日本のメディアよ! よく聞け! 』

カテゴリー: 17-ゲーム | 2件のコメント

インドと比べたら中国の大気汚染対策は大成功!?・中国ネット 2017年02月18日

**
※- インドと比べたら中国の大気汚染対策は大成功!?・中国ネット 2017年02月18日

「空気はインドと比べ、体制は北朝鮮と比べるのか?」 と皮肉

Record China-: 2017年2月17日、中国メディアの参考消息が、英国メディアの報道を引用し、インドの大気汚染対策は中国にも劣るとする記事を掲載した。

米国の健康影響研究所(HEI)によると、2015年に中国とインドの両国で合わせて約110万人が大気汚染のために早死にした。

割合は、中国の方がインドよりも1万8000人多かったという。

報道によれば、中国のPM2.5による死者数はどの国よりも多いと考えられてきたが、過去10年間に中国で大気汚染が原因で死亡した人の数は減少しており、インドは逆に増加した。

インドで大気汚染が深刻なのは首都のニューデリーで、気候条件のほか、自動車の急増や重工業の発展が原因だ。

昨年10月のディーワーリー(インドの正月)では、ニューデリーは数日間にわたってスモッグが発生し、汚染度は計測不能になった。

世界保健機構(WHO)によれば、2011年から2015年のニューデリーの粒子状物質濃度は世界の主要都市の中では最も高く、北京市の2倍以上だという。

専門家は、北京市の大気が改善された理由として、大気汚染問題を早急に解決すべき問題として扱い、粒子状物質の濃度が高くなると政府は車両の通行制限や休校、工場の操業停止などの処置を取るからだと説明した。

これに対し、中国のネットユーザーからは

「空気はインドと比べ、体制は北朝鮮と比べるのか?自信満々だな」、

「空気はインドと比べ、ニュースは北朝鮮と比べ、教育はアフリカと比べ、治安はシリアと比べ、不動産は香港と比べる。中国って幸せだなあ」

などの皮肉を込めたコメントが寄せられ、多くのユーザーの支持を得ていた。

他にも
「欧州と比べるべきじゃないのか?なんでインドと比べるのだ?」、
「大気汚染によって早死にした人がいるなんて、中国メディアはほとんど触れないぞ」
 

などの指摘もあった   (翻訳・編集/山中)

*-*

カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝, 13- website - | コメントをどうぞ

0.2秒で通訳してくれる音声翻訳デバイスが日本でリリース 2017年02月18日

**
※- 0.2秒で通訳してくれる音声翻訳デバイスが日本でリリース 2017年02月18日

Record China-: 2017年2月17日、中国のポータルサイト・今日頭条が、わずか0.2秒で通訳してくれる音声翻訳デバイスがリリースされたと伝えた。

これは、株式会社ログバーがリリースした 「ili(イリー)」 で、この翻訳デバイスの大きな特徴は、インターネット接続の必要なく使用できることだ。

現在、日本語、英語、中国語の3種類の言語に対応している。

記事は、この翻訳デバイスは小型ボイスレコーダーほどの大きさしかないが、PR動画では英語から日本語に翻訳しており、実際にこの翻訳デバイスを使って会話をした人の多くが高く評価していると紹介した。

『 ili 』 は、わずか0.2秒で翻訳することができ、4月から東京メトロ、イオンモール、ビジョンが導入しサービスを開始し、7月には米国での販売も予定しているという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは

「日本の科学技術は世界一だ」、
「初めて日本にいいねを送りたいと思った」
など、日本の技術力を称賛するコメントが多く寄せられた。

また、
「日本は中国語をこの中に入れたのか。中国が大国になったんだと実感した」
と、中国語に対応していることをうれしく思ったユーザーもいた。

他には
「通訳の人は仕事がなくなるな」、
「俺の3年間の日本語学習が無駄になった」
などのコメントもあったが、いずれにしても来日する外国人にとっては非常に便利なツールであることに違いない   (翻訳・編集/山中)

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

「美しく青きドナウ」初演から150年 2017年02月16日

**
※- 「美しく青きドナウ」初演から150年 2017年02月16日

2月16日、NHK website -: 「美しく青きドナウ」初演から150年で記念式典
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170216/k10010878411000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002&nnw_opt=ranking-social_a

ワルツの名曲「美しく青きドナウ」が初めて演奏されてから150年を迎え、オーストリアの首都ウィーンでは、作曲者、ヨハン・シュトラウス2世の子孫も参加して、記念の式典が行われました。

「美しく青きドナウ」は、19世紀にオーストリアを中心に活躍した作曲家、ヨハン・シュトラウス2世のワルツの代表作の1つで、1867年の2月15日に初めてウィーンで演奏されました。

初演からちょうど150年を迎えた15日、ウィーンではヨハン・シュトラウス2世の子孫に当たる人々も参加して記念の式典が行われ、地元のオーケストラと混声合唱団が初演を忠実に再現しました。

「美しく青きドナウ」が作曲された当時、オーストリアは『プロイセンとの戦争』に敗れたばかりで、国土が荒廃し、コレラも流行する苦難の時代にありました。

曲には当初、歌詞もつけられていて、「景気がどんなに悪いからといって後悔や文句を言っても始まらない。一日一日を大切にしよう」と、落胆した市民を励ます内容でした。

式典に参加した人の多くは、経済の低迷や排外主義の広がりなど混乱が続くヨーロッパの現状を踏まえて、「今の時代にも通用するメッセージだ」と話していました。

オーストリアでは、ことし初演から150年を記念して、各地で記念の展示会や講演会が行われていて、名曲に込められた思いが改めて注目されています

*-*

カテゴリー: 13- website -, 16-音楽 | 1件のコメント

中国:鳥インフルエンザで先月(1月)79人死亡 2017年02月15日

※- 中国:鳥インフルエンザで先月(1月)79人死亡 2017年02月15日

2月15日、NHK website -: 養鶏場などでの鳥インフルエンザの感染が世界で広がる中、中国政府は、先月1か月間に、中国全土で『H7N9型』の鳥インフルエンザの感染者192人確認され、79人が死亡したと発表しました

中国の衛生当局によりますと、先月1か月間に、中国全土でH7N9型の鳥インフルエンザの感染者が192人確認され、79人が死亡しました。

このうち、東部の江蘇省では、先月1か月間に49人が感染し、21人が死亡したということです。

中国では、H7N9型の鳥インフルエンザのヒトへの感染が続いていて、今月10日には、上海市で58歳の男性の感染が確認されています。

中国政府は去年12月以降、H7N9型の鳥インフルエンザのヒトへの感染が広がっているとして、生きた鳥を販売する市場の管理を強化するなど、対策に乗り出しています。

WHO=世界保健機関は旅行者に対し、鳥インフルエンザの感染が報告されている国の養鶏場や、生きた鳥を扱う市場などにできるかぎり近づかないよう呼びかけていますが、現時点では、渡航の制限などの対策の強化は求めていません。

また、日本の外務省は、中国で鳥インフルエンザのヒトへの感染が去年の同じ時期に比べて増加しているとして、外出する時は人混みをできるだけ避けて、人混みではマスクを着用することや、生きた鳥を扱う市場や鳥の飼育場への立ち入りは避けることなど、注意を呼びかけています。

< H7N9型 どんなウイルス? >

H7N9型の鳥インフルエンザウイルスは、2013年3月に中国でヒトへの感染が初めて報告されました。

WHO=世界保健機関によりますと、これまでに中国本土のほか香港やマレーシア、カナダなどで合わせて918人の感染者が報告されていて、このうち4割近くにあたる359人が死亡しているということです。

厚生労働省によりますと、このウイルスに感染した家畜やその排せつ物、それに死体や臓器などに濃厚に接触することによって、まれに感染することがありますが、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されていないということです。

また、これまでに海外で報告されたケースでは、多くの患者で発熱やせき、息切れに加え、重症の肺炎の症状が見られたということです。

一方、日本国内では、今回問題となっている鳥インフルエンザウイルスに感染した患者は報告されていないということで、厚生労働省では、患者の発生している地域に渡航する場合は、不用意に鳥類に近寄ったり触れたりせず、特に生きた鳥を販売している市場や食用に鳥を解体している場所などに立ち入らないなどの注意を呼びかけています。

< 専門家「ヒトからヒトの大規模感染ではない」 >

鳥インフルエンザの問題に詳しい、東京大学医科学研究所の河岡義裕教授は「H7N9型の鳥インフルエンザウイルスは、2013年に中国でヒトへの感染が初めて報告されたが、今流行しているウイルスにも変化は起きてはいない。感染したのは、病気のニワトリに接触したヒトと聞いており、懸念されるヒトからヒトへの大規模な感染がおきているわけではない」と指摘しています。

そのうえで「現時点では、日本国内でH7N9型の鳥インフルエンザウイルスの感染例の報告はなく、冷静な対応が大切だ。そのうえで、中国にいる日本人やこれから中国に渡航する人に関しては、ニワトリなど生きた家畜を扱う市場などに近づくことは避けるべきだ」と注意を呼びかけています

*-*

カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝, 10-健康 | 1件のコメント

外国人労働者108万人のいま

**
※- 外国人労働者108万人のいま
 2017年02月14日

2月14日、NHK website -: 今この留学生の問題をどう考えればいいのでしょうか。

国士舘大学の鈴木江理子教授は週28時間を超えるアルバイトは不法就労にあたるため、望ましくはないとしたうえで、「留学生が働きに来ているから間違っているという議論があるがそうではないと思う。

働きたいという人がいて、働いてもらいたいという企業のニーズが現実としてある。

無条件で誰でも働いて良いということにはならないが、両者のニーズをマッチングできる制度を検討する時期に来ているのではないか」と話しています。

20170214_06_interview2

日本の企業が働き手として求め、途上国の若者が働くために来たいと希望していても、その手段が、事実上「留学」などに限られていることが、出稼ぎ留学生の問題の背景にあるという意見です。

外国人労働者の受け入れをめぐっては、“治安”や“日本人の雇用”に悪い影響を与えるのではないかと懸念する声があることも確かで、そうした視点からの議論も必要です。

受け入れる環境を整えないまま、人手不足の穴を埋める安い労働力として、安易に受け入れるべきではないという意見もあります。

一方で、すでに国内で働く外国人は108万人。例えれば富山県の人口を上回る規模の外国人が日本で働く時代です。

人手不足が深刻化するなか、「働き手」としての外国人を受け入れをどうすればいいのか、検討する必要に迫られていると思います

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント